HOME MusicDisc ReviewHalf time Old『真夜中の失踪に聡明と音楽』

Half time Old『真夜中の失踪に聡明と音楽』

攻めのセットリストのような1枚

名古屋を拠点に活動するHalf time Oldが、11月7日に3rdフルアルバム『真夜中の失踪に聡明と音楽』をリリースした。今作は『人生の使い方』(2016年12月)、『発見と疑問』(2017年12月)に続いて自身3枚目のフルアルバム。TOWER RECORDがネクストブレイク必至のアーティストをピックアップするタワレコメンにも選出されるなど各所で注目を集めている。

前作から一段とロック色を強めた今作。各パートの音が楽曲の真ん中にぐっと凝縮され、バンドサウンドとしての密度を増した。それでいて、小鹿雄一朗(ギター)の歌心溢れるギターフレーズは健在。BPMはもちろん、ビートにしても、サウンドしても、アンセムとなり得る勢いを持った曲ばかりだ。そしてそれは、鬼頭大晴(ヴォーカル)の手掛ける歌詞にも言える。釈然としない現状の真正面に立ち、音楽一つでそれを蹴破っていくかのような心意気は、それ自体がロックンロール。それでも至る所に現れる“日常”、“毎日”、“日々”といった言葉が醸し出す距離感によって、決してリスナーを置き去りにはしないところは鬼頭の言葉選びのセンスがなせる技だ。

〈届けたい分かってほしいってさ叫んでたんだ〉(M1「銃声と怒号」)という一節を体現するかのように、メッセージ性も、内包するエネルギーも格段に強い楽曲が揃ったアルバムは、まるで攻めのセットリストのよう。この曲たちがライブハウスで解き放たれ、シンガロングが生まれる光景がはっきりとイメージできる。

 


 

youtube

 

ツアースケジュール

「Half time Old『真夜中の失踪に聡明と音楽』リリースツアー」
・2018年12月1日(土)北海道/札幌 LIVE HOUSE SPIRITUAL LOUNGE
w / リアクション ザ ブッタ / Mr.Nuts
・2018年12月20日(木)広島/広島 4.14
w / ドラマチックアラスカ / CRAZY VODKA TONIC / ofulover / NoisyCell
・2018年12月21日(土)福岡/福岡 Queblick
w / ドラマチックアラスカ / NoisyCell / the shirafu / Windmill
・2019年1月25日(金)宮城/仙台 enn3rd
w / ドラマチックアラスカ / バンドハラスメント
・2019年2月8日(金)大阪/梅田 Zeela
w / 神はサイコロを振らない / reGretGirl
・2019年2月11日(月・祝)東京/下北沢 SHELTER
w / 未定 ※ツーマンライヴ

・2019年3月21日(木・祝)愛知/名古屋 SPADE BOX ※ワンマンライヴ

 

詳しくはオフィシャルサイトまで

チケットぴあ 中部・北陸

Official Site

https://www.halftimeold.com

ページトップへ