HOME ReportLive Reportcinema staff「two strike to(2) night~バトル・オブ・クアトロ~」@NAGOYA CLUB QUATTRO 2018/07/09

cinema staff「two strike to(2) night~バトル・オブ・クアトロ~」@NAGOYA CLUB QUATTRO 2018/07/09

“自分たちらしさ”を追求した、それぞれのかたち

7月編のゲストはGOOD ON THE REEL。千野隆尋(ヴォーカル)が「実は俺らとcinema staffが出会ってからも10周年なんです。そんな今でも一緒にライヴが出来ることは幸せなことです」と今日に臨む気持ちを話していたことからも分かるように、先攻として現れたGOOD ON THE REELは自分たちなりの音楽を示そうとする姿勢が印象的だった。

unnamed_3

1曲目に選んだのは「夕映」だ。悲痛な心の叫びとも言える、感情を込め絞り出すように歌う千野の姿に目が奪われた。Aメロからサビに向けてだんだんと音数が増えていく展開で、より彼の歌声が胸に突き刺さってくる。オーディエンスの視線を一瞬にして集めたまま「さあ、素晴らしき今日を始めよう!」と高らかに告げ、「素晴らしき今日の始まり」へ。前曲とは打って変わって、開放感のあるギターフレーズから始まれば瑞々しいバンドサウンドが鳴り響いた。千野が何度もフロアへと手を伸ばすと、それに応えるように無数の手が挙がった。続く「それは彼女の部屋で二人」でも彼はジェスチャーを交えて歌い、曲それぞれが持つ顔を表情豊かに表現していく。後のMCで語っていた「シネマが俺らを選んでくれたからには、GOOD ON THE REELらしくライヴをするし、あなたもあなたらしく楽しんでもらえたら」という言葉通りに、GOOD ON THE REELらしさを全力で出し切ろうとする熱い気持ちをステージ上の彼らから感じるのだった。

unnamed_4

腰をかけて歌うことで近い距離感を生み出した「WORLDEND」、繊細なバンドサウンドが会場を包み込んだ「24時間」。そして宇佐美友啓(ベース)や伊丸岡亮太(ギター)、岡﨑広平(ギター)が前に出てアグレッシブな演奏を見せた「mean me in」など、ライヴ中盤では静と動を柔軟に表現するGOOD ON THE REELの力量を発揮し求心力を高める。赤と青のライトが光る中で〈赤と青をうまく回して〉とサビで手を回す光景が広がった「シャワー」からラストスパートをかけ、残り2曲となった。

日の光を彷彿とさせるような眩しい光に包まれた「かくれんぼ」を経て、「Marble」へとなだれ込んだ。「周りからどうしようもないと言われる道だとしても、自分が、あなたが選んだ道です。一緒に胸を張って歩いて行きましょう!」。千野がこう叫んだことで、夢について綴った歌詞の一つひとつが心に残る。最後の一音を鳴らすと、5人は丁寧に礼をしてステージを後にした。

クアトロツアー×GOTR @名古屋_180726_0009

7月編のコンセプトは” インディーズ地獄 ーGood On The Indiesー “と発表した、cinema staff。インディーズ期の楽曲のみのセトリで臨んだライヴだった。呼吸を合わせ4人で一斉に音を出し、「ニトロ」からスタートを切る。1曲目にして早くも三島想平(ベース)が前に身を乗り出し拳を突き上げたかと思えば、辻友貴(ギター)は自らクラップをする姿を見せ、応えるようにフロアの熱気は上昇していった。cinema staff独自の直情的なステージングを繰り広げ、その凄みに引き寄せられていたら、あっという間に3曲も演奏されていた。

クアトロツアー×GOTR @名古屋_180726_0040

先攻GOOD ON THE REELのMCを受けて飯田瑞規(ヴォーカル/ギター)が「10年来の仲で、10年経った今でもこうやってライヴが出来ていることはすごいことですよね。その気持ちを忘れずに、インディーズの曲にのせて歌います」と語り、「第12感」へ。前回は先輩・9mm Parabellum Bullet、そして今回はほぼ同世代・GOOD ON THE REELを迎えてのバトル・オブ・クアトロだ。9mm Parabellum Bulletとの時は先輩とのライヴ自体への喜びに満ちたサウンドであったのに対して明らかに違う音が鳴っていた。インディーズの曲を演奏することで、あの頃から格段に成長したシネマの現在地を明確に示すのと同時に、また彼らもcinema staffらしさを出し切ろうとしていたのだろう。誰を迎え、何を意識するのかで、こんなにも違うものなのかと、改めて私はこの企画の面白さを感じていた。

クアトロツアー×GOTR @名古屋_180726_0012

「やる度にもっとやりたいなと思える曲」だと飯田が言い、途中で笑みがこぼれる辻が印象的だった「明晰夢」、重厚なバンドサウンドの中で飯田と三島のハーモニーが響き渡った「daybreak syndrome」を経て後半戦へ。久野洋平(ドラム)を中心に見合わせ自分たちを鼓舞するように演奏をし始め、息つく暇もなく加速し続けていくステージングに会場のあちらこちらで歓声が湧き立つ。勢いそのままに「KARAKURI in the skywalkers」で本編最後を迎えた。辻が血が滲むんじゃないかと思えるほどギターをかき鳴らしていくのを筆頭に、リミッターを飛び越えて振り切った演奏をみせる。アンコールにも応え「first song(at the terminal)」「GATE」の2曲を披露。途中で三島は「みなさんのおかげでライヴが出来ていると思います。またGOOD ON THE REELとの繋がりもあるし、スタッフのおかげでもある。毎回ライヴの度に『ここで魂が尽きてもいい』と思ってやっています」と話し、この日を噛み締めていた。飯田も辻も久野も同じ気持ちだったのだろう、4人は歓声を受けながら感謝の気持ちを表すように礼をして去っていった。

クアトロツアー×GOTR @名古屋_180726_0001

(文:笠原幸乃 写真:石崎祥子)

セットリスト

【GOOD ON THE REEL】
1. 夕映
2. 素晴らしき今日の始まり
3. それは彼女の部屋で二人
4. WORLDEND
5. 24時間
6. 雨天決行
7. mean me in
8. シャワー
9. かくれんぼ
10. Marble

【cinema staff】
1. ニトロ
2. 優しくしないで
3. super throw
4. 第12感
5. Boys Will Be Scrap
6. どうやら
7. 明晰夢
8. daybreak syndrome
9. 妄想回路
10. skeleton
11. AMK HOLLIC
12. KARAKURI in the Sky walkers
EN1. first song(at the terminal)
EN2. GATE

ページトップへ