HOME ReportLive Reportオメでたい頭でなにより「SAKAE SP-RING 2018」@NAGOYA ReNY limited 2018/06/03

オメでたい頭でなにより「SAKAE SP-RING 2018」@NAGOYA ReNY limited 2018/06/03

誰もが主役!皆で作り上げた笑顔あふれる時間

今年の4月にメジャーデビューを果たした、オメでたい頭でなにより。2年連続出演となったSAKAE SP-RINGでのライヴは、足を運んでくれた人たちがひとりでも多く“楽しく、幸せに騒げる、底抜けに自由でオメでたいバンド”をコンセプトに掲げる彼ららしい、フロアいっぱいに笑顔あふれる時間となった。

_DSC1337

「リハーサルやりまーす!」と赤飯(ヴォーカル)の声を合図に、演奏し始めた楽曲では本番さながらにフロアでサークルやヘドバンが生まれ、その光景を目の前にメンバーは満足気な表情を見せる。ステージ上に5人はそのまま残り、ミト充(ドラム)を中心に拳を合わせ、赤飯がスタートを告げた。「みんなで笑顔で帰りたいので、思いやりを忘れずに!始めさせていただきます!」。

_DSC1416 _DSC1371

三重県出身の赤飯にとって第二の故郷・名古屋への愛を詰め込んだ「海老振り屋」で本番の火蓋を切った。「お前らのために作った曲だ!タオルをあげてくれ!」と呼びかければ、オーディエンスが色とりどりのタオルを振り回す光景が広がる。リハーサルですでにフロアが温まっていたのも一つの理由ではあるけれど、初っ端から生まれた一体感に熱気が急上昇。ぽにきんぐだむ(ベース/ヴォーカル)が〈「これがうちのやり方!」 / 見せてやるぜオメでた〉とラップを披露した通りに、ステージ上の彼らからは誇りに満ち溢れたオーラを感じるのだった。「上手に(タオルを)あげたがね!」と赤飯が太鼓判を押し、メジャーデビュー曲「鯛獲る」へ。中盤でオーディエンスの〈獲ったどー!!!!〉の声が響き渡り、2曲目にしてワンマンライヴ並みの熱量に会場は包まれた。

DSC_5557

勢いは加速し続けたまま、「推しごとメモリアル」へとなだれ込む。サイリウムが光る中で、メンバー全員が楽器を置き全力で踊り出したかと思えば、324(ギター)がSAKAE SP-RINGのギターを取り出し華麗にソロプレイを披露した。そして唐突に「名古屋のCMを歌いたい!」と、赤飯がスガキヤラーメンのCMソングをオーディエンスと歌った「ダルマさんは転ばないっ」。ぽにきんぐだむが「一体感がすごい!」と思わずこぼしてしまうほど、名古屋ならではの繋がりを感じる場面であった。

DSC_5519

最後の曲は「オメでたい頭でなにより」。赤飯の呼びかけで、オーディエンスが肩を組みフロアで2つの円が作り上げられた。突然の出来事に少し戸惑う人も見受けられたが、そこはオメでたい頭で何よりのファンの腕の見せ所。お互いに温かく手を取り合い、すぐさま皆が笑顔であふれる光景を作り上げる。たくさんのアーティストが出演するサーキットイベントだからこそ、改めてオメでたい頭で何よりが構築してきたファンとの関係性を身を以て体験した。「あんたたちみんな主役ですよー!オメでたいサカスプで何よりです!」と言葉を残し、ステージを去った。わずか5曲ながらも、一瞬にして惹き込んでしまう彼らのパフォーマンスを遺憾無く発揮したアクトだった。

DSC_5611

(文:笠原幸乃 写真:江崎智里)

セットリスト
1. 海老振り屋
2. 鯛獲る
3. 推しごとメモリアル
4. ダルマさんは転ばないっ
5. オメでたい頭でなにより

 

オメでたい頭でなにより全国ツアー「オメ道楽2018 ~鯛獲るレコ発編~ 本店」

日時:2018年7月16日(月・祝)開場17時00分 / 開演18時00分
場所:Zepp DiverCity
出演:オメでたい頭でなにより
チケット:前売3,500円 / 当日4,000円(税込)

詳しくはオフィシャルサイトまで

Official Site

http://www.omedeta.band/

ページトップへ