HOME ReportLive ReportCzecho No Republic「SAKAE SP-RING 2018」@DIAMOND HALL 2018/06/03

Czecho No Republic「SAKAE SP-RING 2018」@DIAMOND HALL 2018/06/03

タフなバンドサウンドが導くハッピーの向こう側

180603_kogawa-2

今年4月、メンバーの八木類(ギター/コーラス/シンセサイザー)が脱退したCzecho No Republic。5人体制になって5周年という、節目のツアー直前に飛び込んできたニュースに、SNSにはショックを受けるファンの声が多く飛び交った。4人体制になってから名古屋で初の正式なライヴとなったSAKAE SP-RING。チェコのメンバーが見せてくれたのは、これまで以上にタフなアクトだった。

180603_kogawa-16

ステージでは植物を巻きつけた楽器がスタンバイ。ポップなSEが流れ始めるとメンバーが元気よく飛び出してきた。山崎正太郎(ドラム)を皮切りに、マーチングバンドのようなアレンジで「Amazing Parade」が始まり、フロアは祝祭感あふれる盛り上がり。「一緒に遊びましょう!」と武井優心(ヴォーカル/ベース)が煽り、メンバーの気合いとお客さんのテンションが作用しあって、ぐいぐい熱気を引き上げた。サイケでキャッチーな新曲「テレパシー」を演奏する前にはタカハシマイ(コーラス/シンセサイザー/パーカッション)から振付指導があり、メンバーもお客さんもテレパシーを送りあう光景が新鮮だ。

180603_kogawa-35

勢いそのままに「No Way」へ繋げると、砂川一黄(ギター)が「もっと来いよサカスプー!」と叫び、アグレッシヴなプレイでサカスプのキッズたちを盛り立てた。この日、4人は誰もが夢中で演奏していたけれど、中でも大きな変化を感じたのは武井の歌だ。以前よりハリがあり、バネみたいな強さでフロアを突き抜ける。その中で自由度も増したのか、音源と異なるアレンジで歌うシーンも増えた。特にそれを感じた「Firework」では無数の手が上がり、ダイアモンドホールの床が揺れまくる。サカスプでチェコを観るのは初めてじゃないけれど、本当にメンバーもお客さんも例年以上に全力で楽しんでいる印象だったのだ。

180603_kogawa-5 180603_kogawa-3

「短い時間でしたがご一緒できて嬉しかったです。お目当てのバンド、気になるバンド…。いろんなワクワクした気持ちで来たと思うけど、俺らも全く同じ気持ちで、やっぱりみんなと出会えたのがすごい大事で。そんなワクワクした気持ちを曲にしました」と武井が話し、最後に選んだ曲は「好奇心」。急加速する展開は、まさにいつ弾けるか予測不能な好奇心そのものだ。バンドの困難にも立ち止まらなかった4人は、ここにいる全員に届けるという明確な意志を乗せたサウンドで、音楽の眩しさ、楽しさ、心を揺さぶる強さを伝えてくれた。

180603_kogawa-48

(文:青木美穂 写真:古川喜隆)

セットリスト
1. Amazing Parade
2. Festival
3. テレパシー
4. No Way
5. Firework
6.好奇心

 

Czecho No Republic presents ドリームシャワー2018

日時:2018年7月8日(日)開場13時00分 / 開演14時00分
場所:新木場STUDIO COAST
出演:Czecho No Republic/SHE’S/SUPER BEAVER/TENDOUJI/
フレンズ/マカロニえんぴつ/The Wisely Brothers
MC:芦沢ムネト
チケット:4,200円(税込/入場時別途ドリンク代必要)
イベントハッシュタグ「#ドリームシャワー2018

詳しくはオフィシャルサイトまで

Official Site

http://c-n-r.jp/

ページトップへ