HOME ReportLive Report中島卓偉「TAKUI NAKAJIMA LIVE TOUR 2018 (16 BEATS ONLY!!)Dance!Feel The Noize.」@伏見JAMMIN’ 2018/06/17

中島卓偉「TAKUI NAKAJIMA LIVE TOUR 2018 (16 BEATS ONLY!!)Dance!Feel The Noize.」@伏見JAMMIN’ 2018/06/17

ともに作り出す16ビートのダンスホール

東名阪ツアー「TAKUI NAKAJIMA LIVE TOUR 2018 (16 BEATS ONLY!!)Dance!Feel The Noize.」は、全て“16ビート”の楽曲のみで構成するというもの。長いキャリアに裏付けられた確かな技術と経験――これまでに楽曲を作り続けてきた中島卓偉だからこそできる、こだわりのツアーだと言ってもいい。そんなツアーの2日目、6月17日に伏見JAMMIN’で開催した名古屋公演は、そんな彼の底力を感じさせられたライヴだった。

中島卓偉@伏見JAMMIN’ 2018/06/17

定刻になり、ハットにサングラス姿の中島卓偉が登場すると、会場は一気にヒートアップ。ライブは「BADLY NOOOO!!!!」からスタートした。そのまま「OCTOPUS SOLDIER」、「PASSION HIP LADY」と畳み掛けるように会場を盛り上げていく。観客も慣れたもので、曲ごとの振り付けやジャンプなど、見事なシンクロ具合。ステージと会場が渾然一体となり、すぐに盛り上がりは絶好調に達していた。

中島卓偉@伏見JAMMIN’ 2018/06/17

MCでは、今回のツアーの特徴である「16ビート」について、力強く解説する場面も。『お前たちには指導者が必要だ!』と笑いと音楽理論を交えつつ、日本人独自の1拍目と3拍目と刻むリズムがロックには合わない。2拍目と4拍目を裏でとるのが気持ちいいし、踊れるということを力説。踊れる曲として持ってきた新曲「今宵MOVE ON」では自らが振り付けを指南すれば、会場の後ろの方まで皆が踊る光景が広がった。

中島卓偉@伏見JAMMIN’ 2018/06/17

中盤では、ギターを手にし、ファーストアルバム『NUCLEAR SONIC PUNK』から「Too Much Business」を披露。また、つばきファクトリーに楽曲提供している「就活センセーション」を、中島卓偉ならではのブラックミュージック版にアレンジするなど、表現者だけでなく作曲者として活動する彼ならではのセットリストも展開された。

中島卓偉@伏見JAMMIN’ 2018/06/17

後半に入ると、「太陽が沈む前に」で会場をさらに煽り、呼応するように興奮が高まる。「TO THE MAX」、「トライアングル」と連投すればフロアのあちらこちらではジャンプが生まれ、床が抜けそうなほどな熱狂に。ラスト「ピアス」では全身全霊を込めて歌う姿に、観客は必死に受け止め応えていた。

中島卓偉@伏見JAMMIN’ 2018/06/17

今年の10月で20周年を迎えるそのキャリアは伊達ではない。自身の曲もさることながら、提供した楽曲も自分なりにアレンジして、別のアプローチを提供できる。そしてどれもが熱く、全力でぶつかってくる中島卓偉の姿勢に、見ている方もあっという間に引き込まれてしまう。人間味のある彼のステージが、自ずと多くの人を惹きつけるのも当然だと思えた。

中島卓偉@伏見JAMMIN’ 2018/06/17

9月には8ビート楽曲限定の東名阪ツアー「TAKUI NAKAJIMA LIVE TOUR 2018 (8 BEATS ONLY!!)PUNK!Feel The Noize.」でまた名古屋に戻ってくる。今度はさらにに激しい楽曲中心になるというこのツアー。今から曲の予想をしながら、心待ちにしてはどうだろうか。

(文・写真:古川喜隆)

 


 

ライヴスケジュール

「TAKUI NAKAJIMA LIVE TOUR 2018 (8 BEATS ONLY!!)PUNK!Feel The Noize.」
・2018年9月16日(日)大阪府/Music Club JANUS
・2018年9月17日(月・祝)愛知県/伏見JAMMIN’
・2018年9月28日(金)東京都/TSUTAYA O-WEST

 

詳しくはオフィシャルサイトまで

チケットぴあ 中部・北陸

Official Site

http://www.takui.com/

ページトップへ