HOME ReportLive Report「IMAIKE GO NOW 2018」2018/03/24

「IMAIKE GO NOW 2018」2018/03/24

百長(valentine drive/14:30〜15:10)

valentinedrive一発目としての役目を担った、百長。ぬめっとした質感のある音像を作り上げる彼らならではのライヴは、独自の世界観へと次第に侵食されていく――ずぶずぶと沼にはまっていくような感覚に囚われた時間だった。

百長 IMAIKE 01

おどろおどろしいベースラインが耳に残る「しっちゃか」でスタートを切れば、息つく暇もなく「背中」へとなだれ込み、フロアを一気に自分たちの色へと染めていく。続く「繭」では三輪友里(ドラム/コーラス)の「みなさん、一緒に!」という合図で「パパーパ!」の大合唱が生まれた。そしてブレイクを挟みながらどんどん加速していくビートが心地よい「マヤカシ」と、ここまで一切のMCを挟まず演奏を繰り広げる。曲を投下される度に、一段、また一段と百長の音楽の深みへと沈んでいった。

百長 IMAIKE 04

怒涛の演奏を経て、大森貴太(ヴォーカル/ギター)は「ありがたいことに、IMAIKE GO NOW 3年連続出演となりました!」と喜びを見せたかと思えば、「実はジェイルハウスの土屋さんに『これだけIMIKE GO NOWにずっと出てるバンドで一番芽の出ないバンドだ』と言われて(苦笑)。みなさん、お互いに頑張りましょう!」と自虐的な笑いを誘ったりもした。その光景から、開催当初から出演し続けていたからこその、もはやここはホームだと言い切れるくらい、肩の力が抜けた姿が伺える。

百長 IMAIKE 03

3人のサウンドが絶妙に絡まっていく「ドキドキする」、さらに新曲「愛の反芻」を披露し、弾き語りから始まったのは「callgirl」。中盤ではお互いに見合うことによって集中力が研ぎ澄まされ、硬質なバンドサウンドがvalentinedrive独自の密室な空間で鳴り響いた。「また会いましょう!」と別れを告げ、「グラスビール」へ。開放的で疾走感のある曲調に観客はビールなどのドリンクを片手に、彼の音に身を委ねていた。アウトロではこの時間を名残惜しむように、メンバー各々が楽器をかき鳴らす。歓声に包まれる中、百長のステージは終わった。

百長 IMAIKE 02

セットリスト
1. しっちゃか
2. 背中
3. 繭
4. マヤカシ
5. ドキドキする
6. 愛の反芻
7. callgirl
8. グラスビール

(文:笠原幸乃 写真:永縄貴士)

 

CHAI(BOTTOM LINE/15:10〜16:10)

いつものC・H・A・Iコールで登場したCHAI。お決まりのピンクの衣装がボトムラインのステージによく映える。ただ普段とひとつ違うのは、入場規制がかかるほど集まった大勢の観客と、その歓声の大きさだ。熱気と期待がフロアに立ち込める中、「ハイハイあかちゃん」でライヴをスタートした。

IMAIKE_CHAI_3-min

マナ(ヴォーカル/キーボード)、カナ(ヴォーカル/ギター)がCHAI流ラップで会場を温めると、「Sound & Stomach」「ヴィレヴァンの」「ボーイズ・セコ・メン」を披露。マナの歌唱力もリズム隊の演奏も、以前より安定感が増してパワフルになっていた。定番の新譜宣伝タイムを挟んだ後のMCでは、マナが「コンプレックスはアートだよ。わかるでしょ!?」とフロアにマイクを向けると、観客たちは大声で「YES!」の返答。このコール&レスポンスを通して、CHAIのメッセージが世に広く浸透し始めていることがわかった。

IMAIKE_CHAI_2-min

ライヴ中盤では新曲「アイム・ミー」を演奏。1stアルバム『PINK』のサウンドを踏襲しつつ、もっとキャッチーに、さらにハートフルに進化した印象だ。<わがままなわたしをみて>という愛らしい歌詞が胸をキュンとさせる。そして後半は『PINK』より「ほれちゃった」「あのコはキティ」「ウォーキング・スター」などを披露。ラストは代表曲「sayonara complex」で締め、大歓声の中ライヴを終えた。

IMAIKE_CHAI_0-min

現在の人気ぶりを裏付けるような、白熱したパフォーマンスをみせたCHAI。今年5月9日には3rd EP『わがまマニア』をリリース、さらにワンマンツアー開催も控えており、今後のさらなる活躍に期待が高まる。『わがまマニア』についてマナは「“わがまま”がテーマなの。わがままって自己中のイメージが強いけど違くて。あるがままでいること、そのままでいることが一番かわいいって伝えたいの」と語っていた。これからもCHAIらしい、オリジナリティ溢れる楽曲を聴かせてくれそうだ。

 

(文:東憲吾 写真:中磯ヨシオ)

 

ゆいにしお(PARADISE CAFE 21/17:10〜17:50)

日が陰り始めた午後5時過ぎ。木のぬくもりを感じるPARADAISE CAFE21に登場したのは、SSW・ゆいにしおだ。ぽろぽろとギターを弾き始めて歌い出したのは「パワーワーズ」。彼女の透き通った歌声が、会場いっぱいに広がる。一曲目にして心を掴まれたのは、きっと私だけじゃないはず。「こんばんは、ゆいにしおです。よろしくお願いします」と少し緊張感を含んだ挨拶をして、ギターのボディを叩いてカウントを取り「DAITAI」へ。“だいたい”の母音を意識した歌詞から生まれるリズム、柔らかなストロークから紡ぎ出される素朴で包容力のあるサウンド。身一つで作り上げられる世界観に、観客は酔いしれているようだった。

ゆいにしお IMAIKE 04

この日は朝からお客さんと同じように様々なライヴを見て、IMAIKE GO NOWを楽しんでいたという。「IMAIKE GO NOWに出るのは一つの夢でしたし、演奏出来てとても嬉しいです」と笑顔で喜びを垣間見せた。MCで話す時はあどけなさのある彼女だったが、ギター片手に歌い始めると凛とした表情に変わる。まるでギターは彼女にとって、ハイヒールのように自身を奮い立たせるものに思えた。

ゆいにしお IMAIKE 01

5曲目「night midnight morning」ではこれまでとは違って、切ない曲調とマッチした気怠さのある歌声を響かせ、最後の曲として披露されたのは「タッチミー」。曲の中盤で「タッチミーと歌ってもらえると嬉しいです!」と呼びかけ、観客が応えると「上手い!」と太鼓判を押す光景も生まれる。誰でも口ずさみやすいキャッチーさは、この曲の誇るべき魅力だ。初見の人をも引き込む力を改めて感じるのだった。

ゆいにしお IMAIKE 02月

昨年は10代限定フェス「未確認フェスティバル」名古屋大会に出場を果たした、ゆいにしお。「タッチミー」の余韻が残る中で(次に出演したくすりがリハーサルでカバーしてしまうほど、誰もが魅了されていたと思う)、今年のさらなる飛躍を期待したくなる、そんな時間だった。

ゆいにしお IMAIKE 03

 

セットリスト
1. パワーワーズ
2. DAITAI
3. bye bye boy
4. ひげ
5. night midnight morning
6. 帰路
7. タッチミー

(文:笠原幸乃 写真:江崎智里)

 

いとまとあやこ (PARADISE CAFE 21/19:50〜20:40)

1日目、PARADAISE CAFE 21のトリを飾ったのは、伊藤誠人(キーボード)と平井亜矢子(ヴォーカル)による音楽ユニット・いとまとあやこ。「ここに来てくれてありがとうございます!」と平井が挨拶すると「日常」からライヴが始まった。伊藤の弾く流麗な音色に、平井の透き通った歌声が溶け合う。観客はうっとりと耳を傾け、この日溜まった心地よい疲労を癒しているようだった。

IMAIKE_itomato_1-min

2曲目は「とんがりさん」を演奏。ふわふわ、ららら、といったオノマトペの語感が気持ち良い。ヴォーカルの声色、キーボードの音色をその場で多重録音・ループさせ、すこし不思議で魅惑的なサウンドを作り出す。続いて「あ・の・子」「おばけこわい」「うわの空」を披露。「うわの空」は「今池に住んでいたときにできた曲です。今みたいに桜が咲いていた季節につくりました」と平井。風情のあるドラマ映画のワンシーンが思い浮かぶような、叙情的な楽曲だ。心の琴線に触れるキーボードの旋律と、平井の美しくて儚い歌声が胸を締め付けた。

IMAIKE_itomato_2-min

その後は「雲の城」「非常階段」などを演奏し、観客をより深い幻想的な世界へ誘っていく。特に印象的だったのが「曼珠沙華」(※別名・ヒガンバナ)だ。平井は演奏を始める前にこう話していた。「父方の家が田舎にあって。数日しか行ったことないんですけど、田んぼのある風景がとても美しかったのを覚えています」。音を通して、肌をなでる風の感触や、草木のにおいがありありと伝わってきて驚いた。“音楽は過去の風景やそのとき感じた思いを想起させる”とはよく言うが、「曼珠沙華」を聴いているときはそんな状態に近く、平井が心で捉えた風景や思いをいっしょに感じている感覚に陥った。

IMAIKE_itomato_3-min

そしてラストは「ヘルプミー」を演奏。今度は視点を宇宙にまで広げ、「銀河鉄道の夜」のようなスペーシーな世界観を表現し、ライヴは終わった。二人が生み出した豊潤な音楽は、しばらくのあいだ会場にあたたかな余韻を残していた。

 

(文:東憲吾 写真:江崎智里)

 

THE NOVEMBERS (BOTTOM LINE/20:10〜21:10)

IMAIKE GO NOW 一日目、BOTTOM LINEのトリを飾ったのはTHE NOVEMBERS。「こんばんは、THE NOVEMBERSです」と小林祐介 (ヴォーカル/ギター)が挨拶をし、「Hallelujah」でスタートを切った。夜明けを彷彿とさせるような次第に温かみのあるライトへと移ろいゆく演出と、この曲の持つ祝祭感が合わさって、気持ちが昂ぶっていく。曲の終盤ではステージが真っ白く包まれ、美しい轟音が渦巻いた。一つひとつの演出までも自身の美学が反映されているかのような、幻想的な幕開けは圧巻の一言に尽きる。

THE NOVEMBERS IMAIKE 07

「楽しい夜を!」と高らかに告げ、「1000年」へ。瞬時に襲いかかる重厚なバンドサウンド、そして緊張の糸が張り詰めたステージングに目が離せない。手に汗握る緊迫感の中で演奏された4曲目「あなたを愛したい」では、これまでの流れとは一転して優しく包容力のある音像が作り上げられた。同じノイズでも様々な表情を見せることができる、この柔軟な表現力はTHE NOVEMBERSならではだろう。

THE NOVEMBERS IMAIKE 05 THE NOVEMBERS IMAIKE 01

「こわれる」から求心力を高め、「Xeno」「黒い虹」と投下し続ける。すると掻き立てられる興奮が抑えきれなかったのだろう、フロアからは歓声が沸き起こった。失速することなく突き進み、「黒い虹」を演奏した後に訪れたのは静寂。息をのむオーディエンスを前に、小林が口を開いた。「このステージを選んでくれて、ありがとうございます。今生きてる人と生きてた人。これから生まれて生きていく人に捧げます」と告げ、「今日も生きたね」で最後を迎える。心が浄化されていくような感覚が芽生えるサウンドが鳴り響き、オーディエンスは微動だにせずその音を全身で受け止め、ステージ上の彼らへと視線を注ぐ光景が広がった。

THE NOVEMBERS IMAIKE 03 THE NOVEMBERS IMAIKE 04

最後に鳴らしたサウンドが響く中で「次会う時まで、元気で!」と約束を交わし、ノベンバはステージを去った。「トリに選んでくれたことを光栄だと思います」と今日の務めを果たしながら、ノベンバ独自の美学を示した全9曲。先月から始まっているツアーの名古屋公演、6月19日(火)がさらに楽しみになる時間だった。

THE NOVEMBERS IMAIKE 06

セットリスト
1. Hallelujah
2. 1000年
3. 236745981
4. あなたを愛したい
5. Wire (Fahrenheit 154)
6. こわれる
7. Xeno
8. 黒い虹
9. 今日も生きたね

(文:笠原幸乃 写真:永縄貴士)

 

Official Site

http://imaikegonow.com/

ページトップへ