HOME ReportLive ReportFIVE NEW OLD「Too Much Is Never Enough TOUR」@新栄APOLLO BASE 2018/04/01

FIVE NEW OLD「Too Much Is Never Enough TOUR」@新栄APOLLO BASE 2018/04/01

「誰も一人で踊りたくないから、みんな一緒に踊ろう」音楽にときめく“One More Drip”な空間

DSC_4941

今年1月にメジャー1stアルバム「Too Much Is Never Enough」をリリースした、FIVE NEW OLD。”やりすぎても足りない”という意味から、“たくさんの情報や物に囲まれている中で、自分にとって本当に大切な物を選んでいこう”というメッセージが込められている。「みんなと一緒に叶えたかった名古屋でのワンマン。大事な一つの夢が叶いました」と喜びを見せた初の名古屋ワンマンライヴは、見事ソールドアウトで迎えた。

DSC_5130

SEが流れフロアからクラップが自然と沸き起こる中、HAYATO(ドラム/コーラス)とWATARU(ギター/キーボード/コーラス)がステージに現れた。後に続いて「名古屋ー!」と両手を広げてHIROSHI(ヴォーカル/ギター)が姿を見せ、「By Your Side」でスタートを切った。1曲目にしてコール&レスポンスを促し、「グッド!」とフロアの空気感に満足気なHIROSHIを筆頭に、この日を待ってたよと言わんばかりの笑顔あふれるステージングを繰り広げる。その勢いのまま「Hole」「Gold Plate」をプレイ。「名古屋、会いたかったです!調子はどうですか?声をちょーだい!」と呼びかけシンガロングが生まれたかと思えば、間奏やアウトロで音色を変えたりBPMを上げたりして多彩なアレンジも披露した。

DSC_5124

「俺たちとみんなだけの時間を作りに来ました」と挨拶をし、「Sunshine」へ。その場限りの音楽を身体中で楽しみながら、突き抜けるように響き渡ったファルセットをはじめとする、ソウルフルな歌声でオーディエンスの心をぐっと掴む。特に「Liberty」でHIROSHIは表現力の高さを存分に発揮し、何度もフロアから歓声が湧いていた。彼の言葉通り、一緒に作り上げる今日だけの空間になっていた。

DSC_2983

今回のライヴはHIROSHIが「Dance with Misery」を演奏する前に発した言葉、「誰も一人で踊りたくないから、みんな一緒に踊ろう」に集約されるライヴだったと思う。少年のように無邪気な笑顔で歌いフロアとの距離をぐっと縮め、マイクを手に持ちながらステージの端から端まで動きオーディエンスの一人ひとりと目を合わせていた、HIROSHIの姿。興奮を掻き立てるようにプレイを披露するWATARUとHAYATO。そして何よりも、FIVE NEW OLDの作り上げる音楽そのものが煌めいていて、頭で考えるよりも先に無条件に体が踊っていた。曲それぞれに潜む背景や想いを飛び越えて、今この目の前で鳴っている音楽にときめいていたのだろう。それはまさにFIVE NEW OLDが掲げる“One More Drip”——日常を彩る音楽がここにある証明。音楽に対して、とても瑞々しく純粋な気持ちになったことを覚えている。

DSC_2890

「この曲はお前たちの曲だ!」と叫んだ「Good Life」では、彼らの想いがはじけたような熱いステージングにより一体感に包まれ、「Liar」からラストスパートをかける。今日一番のダイナミックな音像に熱気が高まり、本編ラスト曲「Gateway」を前にHIROSHIが口を開いた。「周りに振り回されそうになったとしても、自分の中に答えがあります。僕らは名古屋でワンマンライヴをするという夢を信じていたし、信じ続けたから実現しました。見失うこともあるけど、一緒に(夢を)見つけていきましょう!」と力強い言葉で約束を交わす。さらにアンコールにも応え、鳴り止まない拍手に「ありがとう!」とHIROSHIはマイクレスで感謝の気持ちを伝えた。「Young & Dumb」を経て演奏した「Undercover」では、彼がフロアに降りオーディエンスとこの日に作り上げた時間を共有する場面も。多幸感溢れる余韻を残し、彼らはステージを去った。

DSC_5286

(文:笠原幸乃 写真:前田達也)

 

セットリスト
1. By Your Side
2. Hole
3. Gold Plate
4. Sunshine
5. Not Too Late
6. Liberty
7. Dance with Misery
8. Black & Blue
9. The Dream
10. Stay (Want You Mine)
11. Good Life
12. My Sacred Chamber
13. Liar
14. Halfway Home
15. Ghost In My Place
16. Gateway
EN1. Young & Dumb
EN2. Undercover

 


 

ツアースケジュール

「Easy Come, Easy Go vol.11~13」
・2018年7月6日(金)東京/渋谷CLUB QUATTRO
・2018年7月12日(木)大阪/梅田CLUB QUATTRO
・2018年7月19日(木)愛知/名古屋CLUB QUATTRO

「ONE MAN TOUR “ONE MORE DRIP”」
・2018年9月30日(日)宮城/enn 2nd
・2018年10月8日(月・祝)石川/vanvanV4
・2018年10月14日(日)北海道/Sound Lab mole
・2018年10月26日(金)香川/高松TOONICE
・2018年11月1日(木)広島/CAVE-BE
・2018年11月2日(金)福岡/DRUM Be-1
・2018年11月8日(木)愛知/名古屋CLUB QUATTRO
・2018年11月10日(土)大阪/umeda TRAD
・2018年11月18日(日)東京/LIQUIDROOM

 

詳しくはオフィシャルサイトまで

チケットぴあ 中部・北陸

Official Site

https://fivenewold.com/

ページトップへ