HOME ReportLive Reportcinema staff「『前衛懐古主義』part2」@NAGOYA CLUB QUATTRO 2018/03/23

cinema staff「『前衛懐古主義』part2」@NAGOYA CLUB QUATTRO 2018/03/23

「今はすべてがcinema staffの武器だと思ってる」当時の想いを昇華させたツアーファイナル

「『前衛懐古主義』part2」の開催を発表したのは、昨年の日比谷野外大音楽堂でのライヴ終演後だった。cinema staffにとって念願の野音を終え、万感の余韻に包まれた中での告知に、歓声が響き渡ったあの光景。今でも鮮明に覚えている。“ここを通過点として、もうすでに前へ進んでいるんだ”と言わんばかりの、バンドの歩みは加速するばかりなのだという勇ましい姿勢を見せつけられたからだ。今回の「前衛懐古主義」ツアーは『cinema staff』『into the green』『SALVAGE YOU』の収録曲でセットリストを組み、part1と同様に東名阪を回った。ツアーファイナルとなる名古屋公演のレポートをお届けする。

cinema staff 前衛懐古主義part2 01

開演時間を過ぎ、メンバーが順に現れた。最後に登場した辻友貴(ギター)が両手を広げフロアの興奮を掻き立てると、「cinema staffです、演奏を開始します」と飯田瑞規(ヴォーカル/ギター)がスタートを告げた。一曲目に選んだのは「白い砂漠のマーチ」。第一音目から熱量を凝縮したサウンドが襲いかかる。その勢いのまま「火傷」「super throw」と連投すれば、辻が膝を付きギターを掲げたり、三島想平(ベース)がステージ前方に身を乗り出したり、序盤から早くもアグレッシブなステージングで熱気を高めていく。手に汗握るスリリングな展開の中で、糸をピンと張ったかのような集中力を研ぎ澄ませ、緩急をつけた臨場感のあるライヴならではのバンドサウンドを構築していた。突っ走る衝動を持ちながら、キメるところはキメる冷静さも兼ね備える――これまでのキャリアの蓄積を感じる音像だった。

cinema staff 前衛懐古主義part2 05 cinema staff 前衛懐古主義part2 04

今にも血管がブチ切れそうなギリギリのラインをいく熱量に圧倒された「her method」を経て、演奏されたのは「明晰夢」。青いライトが映えるステージングが非常に印象的であった。cinema staffというバンド自体が孕んでいる衝動的な熱、それを余すことなく体現する演奏。青色から連想される冷たさとは真逆のものを表現する彼らがステージに立っていたからこそ、そのコントラストがくっきりと浮かび上がってきて、よりその熱を感じたのだ。こんなにも青いライトを味方につけるバンドだったのだろうかと何度も唸らせてくれる、そんな時間だった。

cinema staff 前衛懐古主義part2 07

「Seattle meets realism」から演奏し始めたライヴ中盤では、ミドルテンポの曲を中心に披露し、飯田の伸びやかな歌声がフロアいっぱいに響き渡った。ミドルテンポだからといって熱の濃度が薄まる気配を全く感じさせないバンドサウンドの中で際立つ存在感。休むことなく演奏し続けることで、シネマの一段と深みを増した独自の世界観に引きずり込まれていく。辻もコーラスに加わった「salvage me」では立体的に交錯していくハーモニー、その裏で久野洋平(ドラム)淡々と刻むドラムサウンドに、オーディエンスの視線はステージへと注がれた。

cinema staff 前衛懐古主義part2 03 cinema staff 前衛懐古主義part2 08

飯田の「ついてこい!」という言葉を皮切りに後半戦へ。「奇跡」「WARP」「小説家」と沸点の限界値を更新し続ける怒涛の展開を繰り広げる。そして本編ラスト2曲となり、飯田が話し始めた。「当時は最高にカッコいいものを作れていると思ってたんだけど、『cinema staffの武器って何だ?』と周りから言われることもあって。それがすごく悔しかった。でも今はすべてが武器だと思ってるし、そう思えるようになったのは皆さんのおかげです」とここまで歩んでくれたリスナーへ感謝の気持ちを伝えた。そして「音楽は聴く人のその時の気分に左右されるから、曖昧なものだと思う。普段の生活の中で揺れ動いている気持ちと僕らの音楽がカチっとハマった時に、初めてcinema staffの音楽が響く。それは分かってるんだけど、僕らの演奏で何か響くものがあるんじゃないかと本気で思ってます。ちなみに今日は皆さんの気持ちにカチっとハマりそうですか?」と尋ねると、フロアからは拍手が沸き起こった。「into the green」「海について」を演奏し、アンコールでは新曲「HYPER CHANT」を披露。大合唱が響き渡る中「またライヴハウスでお会いしましょう!」と約束を交わし、ステージを去った。

cinema staff 前衛懐古主義part2 02

MCの中で飯田と同様に三島も当時を振り返っていた。「今回セットリストに組んだ3枚はcinema staffにとって上京する時、つまり過渡期に作った曲で、(当時は)俺がやらなきゃ誰がやるんだとすごい追い込まれて上手くいかなかった。そういう負のエネルギーを転化して作った曲が皆さんのエネルギーになっていること、また今の僕らが演奏するからカッコいいと言ってもらえることが嬉しいです」と、シネマの楽曲を作る彼だからこそ抱いていた気持ちを打ち明ける。「デビューして10周年。表現者としてこだわりを捨てなかったからこそ、ここまでこれた。これからも貫き通すので、安心してください。最高な音楽を届けたいと思います」と宣言した彼の眼差しはまっすぐだった。さらに「大阪では(当時の想いと重なって)泣きそうだったけど、今日は笑顔でやれてます!」と言った飯田や、終始笑顔だった辻、そして「平日のクアトロがソールドアウト出来るなんて、当時は夢のまた夢だったから嬉しい」と喜びを見せる久野。メンバー4人誰もが、今この瞬間にしか鳴らせない音への誇りを体中で感じているようだった。

6月からは9月までの4ヶ月間、月に1回ずつ東名阪のCLUB QUATTROを回る「デビュー10周年ライブシリーズ two strike to(2) night~バトル・オブ・クアトロ~」が始まる。ライヴを見る度に「cinema staffを好きで良かった」と思わせてくれる説得力。このツアーでもそれを思わせてくれるライヴであることを、楽しみにして待ちたい。

(文:笠原幸乃 写真:ヤオタケシ)

セットリスト
1. 白い砂漠のマーチ
2. 火傷
3. super throw
4. her method
5. skeleton
6. 明晰夢
7. さよなら、メルツ
8. 棺とカーテン
9. Seattle meets realism
10. You Equal Me
11. cockpit
12. warszawa
13. 錆のテーマ
14. 実験室
15. salvage me
16. 奇跡
17. WARP
18. 小説家
19. どうやら
20. into the green
21. 海について
EN1. HYPER CHANT

 


 

ツアースケジュール

「デビュー10周年ライブシリーズ two strike to(2) night~バトル・オブ・クアトロ~」
・2018年6月5日(火)大阪/梅田CLUB QUATTRO
w / 9mm Parabellum Bullet
・2018年6月6日(水)愛知/名古屋CLUB QUATTRO
w / 9mm Parabellum Bullet
・2018年6月12日(火)東京都 渋谷CLUB QUATTRO
w / 9mm Parabellum Bullet

 

 

詳しくはオフィシャルサイトまで

チケットぴあ 中部・北陸

Official Site

http://cinemastaff.net/

ページトップへ