HOME ReportLive Reportphonon「Home Song Land 3.11」@新栄APOLLO BASE 2018/03/11

phonon「Home Song Land 3.11」@新栄APOLLO BASE 2018/03/11

様々な編成の魅力を感じた贅沢なセルフツーマンライヴ

豊明市出身3ピース・ロックバンドphononが自主企画「Home Song Land 3.11」を開催した。共演はアコースティックユニット・今泉光&NOZZY。察しのいい読者ならお気付きかと思うが、実は2組のヴォーカルは同一人物だ。

先にステージに登場した今泉光&NOZZYの2人。軽く挨拶を済ますと、ゆったりと鳴り出したギターの音色に乗せて「タイムカプセル」からライヴがスタートした。続く「revival」は今泉の弾き語りオリジナル曲だが、NOZZY(ギター/ペダルスチール)のコーラスが加わることでより柔らかい印象に。軽やかに弾かれるギターのフレーズに心が踊った。

20180311noz_1

普段は楽器店の店長であるNOZZY。スキンヘッドにサングラスというビジュアルは一見恐そうだが、「見た目に反して優しい音楽やってます」とフロアを笑わせ、親しみやすいキャラクターをアピールした。「でも今から、見た目に合ったワイルドな曲をやります」と演奏されたのは「mist」。ステージが真っ赤に照らし出される中、今泉が力強く声を張り上げ、キレと緊張感のあるギターセッションにも熱がこもっていった。

20180311noz_3

「100年カレンダー」ではNOZZYがギターからペダルスチールにチェンジ。弾いた瞬間から減衰していくアコースティックギターの音とは違い、波打ちながら持続するペダルスチールの音が独特の浮遊感を作り出し、“もし自分の命日が書かれたカレンダーがあったら”という神秘的な楽曲の世界観をぐっと引き立てる。さらに、哀愁漂う「lone wolf」、透明感とみずみずしさに満ちた「ぼくはしってたよ」など、曲ごとに違った表情を見せていった。

20180311noz_2

最後に、自分たちの得意な“物悲しい曲”だとアナウンスされてから始まった「Noctiluca」。確かに、切なく儚げな旋律は物悲しい響きを帯びている。だが、そんなメロディーの中にさりげなく現れる「鼓動」、「温度」、「熱にほだされ」というキーワードたちから連想されるのは人肌の温もり。感触まで伝わってきそうな、繊細な言葉選びで聴衆を引き込み、余韻を刻み込んでステージを後にした。

スモークが焚かれSEが流れ始めると、phononの3人がステージに現れた。エレキギターのアルペジオが鳴り、ドラムのカウントから「幽霊の日」で口火を切った。ドラム、ベース、ギターが順に重なり、スリリングなセッションから「メランコリア」へと繋げ、さらに「かげろう花火」、「Mr.Madman」とBPMの早い曲を連投。特に「Mr,Madman」ではエネルギッシュな個々のプレイを、オーディエンスは食い入るように見つめる。アコースティックにはない厚みのある音圧でフロアを惹きつけた。

20180311pho_top

「Home Song Land 3.11へようこそ、phononです!」と口を開いた今泉。「“自分との戦い”って言葉があって、普通は精神的な意味で使うと思うんだけど、今日俺は物理的に自分と戦ってます」と笑いながら、「自分と対バンなんてレアなことができて、こうやってみんな来てくれて、うれしいです。ありがとう。たくさん歌います」と気持ちを伝えた。シンプルな言葉だが、その口調や表情から、彼が素直に楽しんでいることが感じられた。

20180311pho_4

バラード曲を挟み、歌い出しから一斉に手拍子が湧いたのは「ゼロと白」。サビではフロアからたくさんの手が伸び、シンガロングが生まれる場面も。さらにポップナンバー「王子の狐」で、オーディエンスが楽しそうに体を揺らすと、今泉は満足げに口元をほころばせる。ちゃん矢野(ドラム)もオーディエンスと同じように体を左右に揺らしながら笑顔でプレイ。照明も空気もとびきり明るくなった会場がハートフルに彩られていった。

20180311pho_3

ラストナンバーの前には、6月28日(今泉の誕生日)に新しいミニアルバムをリリースすることと、リリースツアーのファイナルワンマン公演を名古屋CLUB ROCK’N’ROLLで行うことが発表された。今泉は「長いことバンドやってると、しんどいことも結構ある。けど、俺バカなんで、すごいいい景色見ると『ああ、曲書きてえ!』って思うし、いい曲できれば『ライブやりてえ!』ってなる。しんどいことがあっても、そうやってまだまだ単純に前向きに思えてます。これからもphononをよろしくお願いします」と語った。そして、深呼吸を挟んでラストナンバー「夕闇日記」が始まると、緊張感を伴いながら3人の演奏に熱がこもっていく。この曲もまた、今泉が“すごいいい景色”に出会ったときに生まれた1曲。同じ景色を見ることはできないけれど、彼がその景色を目て心を震わせた感覚は、音楽へと形を変え、演奏を通してオーディエンスへと伝わったに違いない。

20180311pho_2

アンコールでは「せっかくなんで」と、phonon&NOZZYでステージに再登場。前半戦のユニットでも演奏した「mist」をツインギターのバンドセットで、phononの代表曲「夏の送電塔」をNOZZYのペダルスチールを加えた編成で披露した。アコースティックもバンドも、オリジナルにプラスαの編成も、どれが好きなんて考えること自体が野暮に思えるくらい、全編通してそれぞれがそれぞれに魅力的だった一夜。楽曲の良さを様々な角度から感じられる贅沢な時間だった。

20180311phonoz_1

(文:岡部瑞希 写真:安藤みゆ)

セットリスト

【今泉光&NOZZY】
1. タイムカプセル
2. revival
3. from the bottom
4. mist
5. 100年カレンダー
6. lone wolf
7. ぼくはしってたよ
8. Noctiluca

【phonon】
1. 幽霊の日
2. メランコリア
3. かげろう花火
4. Mr.Madman
5. 錆に花
6. morning after
7. ゼロと白
8. 王子の狐
9. 夕闇日記

EN1. mist
EN2. 夏の送電塔

 


 

ライヴスケジュール

「隣の芝を荒らせ!!!ツアー」

・2018年4月13日(金)東京/渋谷TSUTAYA O-Crest
w / マチカドラマ / 四丁目のアンナ / モクメノキ  and more…

・2018年4月19日(木)大阪/福島2nd LINE
w / CHERRY NADE169 / LINE wanna be Anchors / Mr.Nuts / ゆるふわリムーブ

・2018年4月21日(土)京都/GROWLY
w / asayake no ato / ペロペロしてやりたいわズ。 / それでも尚、未来に媚びる / IRIKO / 秒針 / BAN’S ENCOUNTER

・2018年5月17日(木)福岡/Queblick
w / 未定

・2018年5月18日(金)京都/二条nano
w / 未定

・2018年5月27日(日)東京/吉祥寺エリア
共演者はオフィシャルサイトまで  http://miminoko69.com

・2018年5月28日(月)宮城/仙台enn 3rd
w / 未定

 

詳しくはオフィシャルサイトまで

チケットぴあ 中部・北陸

Official Site

http://phonon-web.jp

ページトップへ