HOME ReportLive ReportHOWL BE QUIET「Dousite? Tour 2017~2018」@NAGOYA CLUB QUATTRO 2018/02/01

HOWL BE QUIET「Dousite? Tour 2017~2018」@NAGOYA CLUB QUATTRO 2018/02/01

視界良好なHOWL BE QUIETの現在地、次への予感を匂わせる音像

HOWL BE QUIET Dousite? 05

昨年末から年をまたぎ関東近郊の8会場を回ってきた、HOWL BE QUIET。「Dousite? Tour 2017~2018」追加公演となる名古屋でのライヴは、このツアーがいかに彼らの成長となったかを物語る時間だった。

HOWL BE QUIET Dousite? 06

オーディエンスの高揚を促すSEをバックにして、メンバーが一人ずつステージに現れた。スポットライトに包まれる中で竹縄航太(ヴォーカル/ギター/ピアノ)がキーボードを弾き始める。バンドサウンドが加われば音が弾け飛び、その一つひとつの粒が瑞々しく耳へと届いてきた。呼吸を整え竹縄が「名古屋クアトロ、今日はよろしく!」と挨拶をし、「Dousite」で始まりを告げた。フロアからは自然とクラップが起こり、軽快なリズムと組み合わさると、さらに高揚感が引き上げられる。ジェスチャーを交えて歌う竹縄を中心にして、顔を見合わせながら演奏する黒木健志(ギター)、橋本佳紀(ベース)、岩野亨(ドラム)。勢いそのままに「ファーストレディー」「Daily Darling」と連投していくと、あっという間に会場には熱気が充満した。

HOWL BE QUIET Dousite? 02

竹縄の「存分に、自由に、楽しんでください!」という言葉を皮切りに演奏し始めた、4曲目「ギブアンドテイク」。ここを境目にして、はっきりと音像が変わるのを目の当たりにした。キーボードの音色が曲の世界観へと導き、重厚なバンドサウンドを披露する。関東近郊を回ってきたツアーの経験値が彼らの血肉となっている、緩急をつけたダイナミックな音像。表現のコントラストが明瞭についていることで、求心力を一気に加速させていった。このハウルだから作り上げることのできる、ピアノロックバンドならではのバンドサウンドの確立こそが、今回の一番の収穫だったのではないだろうか。独自性のある音像――昨年の夏とは全く違うバンドサウンドが鳴り響いていたことで約半年間の成長を感じることが出来たし、以前よりも臨場感のあるバンドらしい音をリアルタイムで構築し続けるハウルがそこにはいた。

HOWL BE QUIET Dousite? 03

今回は新曲もいくつか披露し、ハウルの現在がどれだけ好調であるのかも感じることが出来た。「新曲って言わずにやったからね(笑)」と竹縄が話したように、事前に新曲であることを公表せず演奏したのだけれど、何度も鳴らし続けてきたこれまでの曲と遜色のないサウンドで届けていたのだ。MCで「このツアーでバンドって難しいなと感じたけど、メンバーの新たな一面を知れた。今回のツアーは3、4年前に曲を作りながら回ったツアーの時でのことを思い出したくてやった」と当時の思い出とともに打ち明けた黒木。その言葉からも伝わってきたように、試行錯誤しながらビルドアップしてきた時間の蓄積を感じさせるのと同時に、ハウルにおけるバンドサウンドの正攻法が掴めたのだと、ここでも確信することが出来た。ポップに振り切った前作アルバム『Mr. HOLIC』とはまた違うベクトルを向き、表現の幅を広げる数々の新曲。“ハウルの現在地は視界良好である”とメンバーから放たれる自信に、今後への期待を募らすばかりだった。

HOWL BE QUIET Dousite? 04 HOWL BE QUIET Dousite? 01

13曲目「PERFECT LOSER」よりラストスパートをかける。続く「ライブオアライブ」では大合唱がフロア中に響き、その光景をメンバー各々が感慨深く見渡す場面が印象的だった。アンコールにも応え「にたものどうし」で締めくくり「必ずまた遊ぼうね!今日はありがとう、またね!」と竹縄が告げる。すると会場のあちらこちらから聞こえるのは「またね!」の声。笑顔溢れる約束を交わし、ハウルはステージを後にした。

HOWL BE QUIET Dousite? 08

(文:笠原幸乃 写真:郡元菜摘)

 


 

ライヴスケジュール

「@FM pre ROCK YOU! CARNIVAL vol.2」
・2018年4月1日(日)愛知/NAGOYA CLUB QUATTRO
w / The Floor / YAJICO GIRL / ラックライフ

「mito LIGHT HOUSE & chiba LOOK presents カントーロード vol.3」
・2018年4月9日(月)千葉/千葉LOOK
w / UNCHAIN / yEAN(O.A)

「mito LIGHT HOUSE & chiba LOOK presents カントーロード vol.3」
・2018年4月10日(火)茨城/水戸LIGHT HOUSE
w / UNCHAIN / yEAN(O.A)

「アンテナ【「夕暮れ鉄塔」レコ発イベント「光がピカン ピカン」東仙ツアー】」
・2018年4月19日(木)宮城/仙台enn 2nd
w / アンテナ / CRAZY VODKA TONIC

「SUMMER TIME LOVER CIRCUIT『サマラバ!』2018」
・2018年6月30日(土)
仙台市内ライブハウス6会場
(仙台Rensa、仙台darwin、仙台CLUB JUNK BOX、仙台MACANA、SENDAI HooK、LIVE HOUSE enn2nd)

 

詳しくはオフィシャルサイトまで

チケットぴあ 中部・北陸

Official Site

https://www.howlbequiet.com/

ページトップへ