HOME ReportLive ReportHoSoVoSo「テングノウタゲvol.5 2ndミニアルバム『春が過ぎたら』レコ発ワンマン」@鶴舞K.Dハポン 2018/03/10

HoSoVoSo「テングノウタゲvol.5 2ndミニアルバム『春が過ぎたら』レコ発ワンマン」@鶴舞K.Dハポン 2018/03/10

うた、しぐさ、たたずまい。
すべて自然体のHoSoVoSoが生み出す景色

これまでにtigerMos、tioらが出演した名古屋の名物イベント「テングノウタゲ」。5回目となる今回は、注目の若手シンガーソングライター・HoSoVoSoのワンマンライヴを開催。前売りチケットはソールドアウト、当日の会場K.Dハポンは人で溢れかえっていた。

hosovoso_live0310_6

hosovoso_live0310_10

hosovoso_live0310_1

K.Dハポンはもともと画家のアトリエからスタートしたアートスペース。独特の雰囲気を持つお店だが、この日はそんな空間にぴったり合う装飾が施されていた。「テングノウタゲ」主催者・あずきによるカラフルなデコレーションである。そのおかげもあってか、会場は開演前から和やかな空気に包まれていた。開始時刻が迫り、ちょうどいいガヤガヤ感が満ちたところで「こんばんは」とHoSoVoSoがあいさつ、ライヴが始まった。

hosovoso_live0310_3

1曲目「山を越える」の歌い出しで早くも心をつかまれた。その歌唱力の高さは音源を通して知っているつもりだったが、生で聴いても抜群の安定感だ。丸みを帯びた伸びやかな歌声が会場いっぱいに広がっていく。サポートメンバーとして演奏に加わる宮野(ギター)、そらしの(キーボード)との呼吸もぴったりで、柔らかな音色のアンサンブルが響き渡る。続く「白い粉」では、HoSoVoSoが歌っている最中にはにかむ場面も。開始早々、すでに楽しすぎて笑ってしまったようだ。

ここで新たに春日井(ドラム)が参加し、「春が過ぎたら」「ランディブラウン」を披露。笑顔でアイコンタクトをとるメンバーを見ていると、思わずこちらまで幸せな気持ちになる。エネルギッシュなパフォーマンスをみせた後、「ずっと同じ人の演奏を聴いていると飽きるものですから…私が」といたずらっぽく笑うHoSoVoSo。次に伊藤(カホン/コーラス)を呼び込み、二人編成で「リチャード」をスタートした。カホンの刻む素朴なビートが心地良い。曲中では口笛のハーモニー(!)も披露。ほどよくゆるいメロディはなかなか良いもので、フロアにリラックスしたムードが広がった。

hosovoso_live0310_2

「同じアーティストの楽曲を弾き続けると飽きるものですから……私が」とまたまた会場の笑いを誘いつつ、HoSoVoSoはくるりの「ばらの花」、高田渡の「系図」の2曲をカバー。どちらも名曲中の名曲、アレンジが難しいだろうと思ったが、完全に自分の色に染め上げて表現していたから驚いた。原曲を頭に浮かべながら耳を傾けていると、彼の独特な歌声、リズム感、表現のセンスといった特徴が際立って聴こえてきた。その後は「風の頼り」で二人編成を終えると、「前半終了です」とのアナウンス。ここで一旦休憩を挟み、ライヴはたま(VJ)らが新たに参加する後半へと移った。

まずは、そらしのと「夜の幻」を演奏。楽曲とシンクロした映像が美しい。続いて新しいサポートメンバー、イワタユイコ(ヴァイオリン)を呼び込み「サマタイムホリデー」「烏の守唄」を披露した。2曲とも未収録の新曲である。「2ndアルバムのリリースから4ヶ月。それくらい経てば曲は生まれますし、歌いたくなりますよね」とのこと。ヴァイオリンが加わることで華やかな印象が増した曲調に、観客たちはうっとりと聴き惚れているようだった。

hosovoso_live0310_4

「やはり“飽き”!…というのは必ずくるのでね。合いの手があるとですね、きっと飽きがこないのですが」とHoSoVoSoがやや独りごちながら話した後、「生活の柄」をスタート。観客たちは曲が始まったらすぐ、よろこんで手拍子を始めた。予想以上の大きなグルーヴにメンバーはみな笑顔だ。サビでは合唱も起こり、会場に一体感が生まれた。HoSoVoSoは「そんなに拍手をもらったら歌えないじゃないですか!」と演奏後に話していたが、その表情はとても嬉しそうだった。

ここからは終盤戦だ。HoSoVoSo、そらしの、宮野、北川(ベース)、春日井という5人編成で「山を越える」を演奏。この日二回目のナンバーだが、聴き心地はまったく違う。迫力あるフォークロックのサウンドに、会場にいる全員のテンションが高まっていく。続いて「weekday」を披露した後、HoSoVoSoが「1曲だけSuchmosになります」と言うと「夜空のムコウ、上海蟹の朝」(仮タイトル)をスタート。くるりファンの方は曲名を読めばまあ大体のことは分かるかもしれないが、ややしっとりした感じのムーディでファンクな楽曲である(カバーではない)。たしかにくるりっぽいしSuchmosっぽいが、しかしHoSoVoSo流のシティポップという趣で、これはこれでアリだ。というか、想像以上に曲調と歌声がマッチしていて、こっちの方向ももっと聴きたい!と思うくらいのハイクオリティだった(ちなみに、曲の最後には「夜空のムコウ」の有名な一節<夜空のむこうには 明日がもう待っている>のメロディ・歌詞がそのまま挿入されていた。これがまた楽曲にフィットしていて驚いた)。

hosovoso_live0310_5

続く「方舟」で幸福感いっぱいのサウンドを鳴らした後は、先ほどの流れを引き継ぐように「city pop」を披露。曲名通りのスタイリッシュな音を聴いて、先ほどの期待をさらに強くした。グッドメロディと美しい歌声はそのままに、ステップを刻めるグルーヴィーなポップスを表現する。この新しいスタイルはこれからも聴いてみたい…そう思ったのは僕だけではなかったはずだ(もちろん現行スタイルの最新型も聴きたいが)。

次は再びイワタユイコが参加し、6人編成で「峠」を披露。ラストはHoSoVoSoの個性がぎゅっと詰まった代表曲「ストーク」で締めた。最上級の幸福感を会場にめいっぱい広げて、本編は終わった。そして拍手は自然と手拍子に変わり、すぐさまアンコールへ。HoSoVoSoは何度も感謝を告げる。「本当にみなさまのおかげです。ありがとうございます。これからも末長く見守っていただければと思います」と挨拶した後、「4年前につくって、人生が変わった」という楽曲「忘れちゃうかな」をラストナンバーに選んだ。

hosovoso_live0310_7

演奏が始まるやいなや、上空からヒラヒラと紙ふぶきが!主催者あずきの粋な演出である。キラキラと舞うかがやきに彩られて、全身で音楽する喜びを表現するメンバー。観客もそれぞれ自ずと手拍子を叩き始める。最後にこんな盛り上がりが待っていたとは、驚きだ。こうしてHoSoVoSo初のワンマンライヴは、たくさんの笑顔があふれるうちに終了した。

hosovoso_live0310_11

終演後、幸せな余韻に浸りつつ、彼の飾らない姿勢について考えていた。うた、しぐさ、たたずまい。どこをとっても自然体で、ライヴ中無理にかっこつけたり、観客を過剰に煽ったりもしない。その“ありのまま感”は、音楽を聴いても、MCで話す言葉を聞いても、そしてファンやメンバーへの接し方を見ても伝わってきた。だからこそ彼の周りには人が集まるのだ。今後、HoSoVoSoを中心にした輪はもっと広がっていくだろう。大勢の人との記念撮影に笑顔で応える姿を見ながら、そう思った。

hosovoso_live0310_9

hosovoso_live0310_12

(文:東憲吾 写真:Nanako Henmi)

 

サポートメンバー
gt:宮野孝汰
piano:そらしの
dr:春日井直人
cajon:伊藤雛乃
violin:イワタユイコ
ba:北川靖大

セットリスト
1. 山を越える (そらしの+宮野)
2. 白い粉 (そらしの+宮野)
3. 春が過ぎたら (そらしの+宮野+春日井)
4. ランディブラウン (そらしの+宮野+春日井)
5. リチャード (伊藤雛乃)
6. ばらの花 (伊藤雛乃)
7. 系図 (伊藤雛乃)
8. 風の便り (伊藤雛乃)
9. 夜の幻 (そらしの)
10. サマタイムホリデー (そらしの+イワタユイコ)
11. 烏の守唄 (そらしの+イワタユイコ)
12. 生活の柄 (そらしの+イワタユイコ)
13. 山を越える (そらしの+宮野+北川+春日井)
14. weekday (そらしの+宮野+北川+春日井)
15. 夜空のムコウ、上海蟹の朝 (そらしの+宮野+北川+春日井)
16. 方舟 (そらしの+宮野+北川+春日井)
17. city pop (そらしの+宮野+北川+春日井)
18. 峠 (そらしの+宮野+北川+春日井+イワタユイコ)
19. ストーク (そらしの+宮野+北川+春日井+イワタユイコ)
EL. 忘れちゃうかな (そらしの+宮野+北川+春日井+イワタユイコ)

 


 

ライヴスケジュール
「The Yearning Japan Tour 2018」
・2018年4月4日(土)愛知/鶴舞K.Dハポン

「キネマズpresents [NIGHT FLIGHT 2] 」
・2018年5月14日(土)愛知/鶴舞K.Dハポン

 

詳しくはオフィシャルサイトまで
チケットぴあ 中部・北陸

Official Site

http://ho-so-vo-so.tumblr.com

ページトップへ