HOME ReportLive ReportBURNOUT SYNDROMES「ハートアップ×ROCK YOU! presents プレミアムアコースティックライブ」@FM 2017/12/09

BURNOUT SYNDROMES「ハートアップ×ROCK YOU! presents プレミアムアコースティックライブ」@FM 2017/12/09

「僕らの音楽があなたのものであったら嬉しい」言葉の一つひとつが心に届く歌

558A0229

6月に行われた「ハートアップ×ROCK YOU! presents プレミアムアコースティックライブ」。第二弾として今回迎えられたのは、昨年メジャーデビューを果たした大阪発の青春文學ロックバンドBURNOUT SYNDROMESだ。わずか15組30名の招待制である貴重なライヴに、全国各地から人が集まった。

558A0133

「こんばんは、どうぞよろしくお願いします!来られなかった仲間の分も楽しんでいけたらと思います!」と石川大裕(ベース/コーラス)と挨拶をし、勢いよくスタートを切った。1曲目は「文學少女」。タンバリンを手にした石川とカホンを叩く廣瀬拓哉(ドラム/コーラス)とで作り上げられるリズムに、自然と観客のクラップが沸き起こる。早くも温かい空気感が広がっていく中で、熊谷和海(ギター/ヴォーカル)が力強く歌えば、文学が散りばめられた歌詞の一つひとつが鮮明に耳へと届いてきた。石川が「我々、国内で最後のライヴです!」と近い距離感に喜びを見せ、「FLY HIGH!!」へ。「皆さんの声をラジオにのせたいと思う所存です。一緒に歌ってくれますか?」と観客へ歌を託せば、大合唱が生まれる。「最高や!俺、歌詞教えてへんのに!(今の合唱を)CDに入れたい」と石川は満面の笑みで太鼓判を押した。

558A0035

3曲目は「セツナヒコウキ」。曲名を告げると、歓喜を含むため息が漏れた。熊谷の弾き語りから始まり、ファルセットを交えた表情豊かな歌声が響き渡る。テンポを抑えたアレンジ、普段とは違う音像。観客の誰もが彼らへと視線を注ぎながら必死に歌を受け止めていた姿が印象的だった。3人が合わせる呼吸までもが肌で感じてしまう距離だからこそ、心の深いところまで届いていくのだろう。「僕ら名古屋が地元ですし、届けたい歌を」と石川が笑いを誘い、「吾輩は猫である」を披露。曲を始める前に、観客が飼っている猫について「メス?(『メス!』と返事を受け)Oh Yeah!!」と会話を交わしたり、アコースティックライヴならではの親近感に溢れた空間が作られていた。

558A0241

「11月は曲作りで忙しかった中で、結婚式に呼ばれて歌ったんです。予定していた『FLY HIGH!!』だけじゃなくて、エモくなってもう1曲歌って。その時のみんなの驚いた顔が忘れられません(笑)。お父さん、お母さんに向けて作った曲です」と熊谷が語り「こどものじかん」を弾き始めた。会場を包むのは、彼の歌声とギターの音だけ。息遣いが聞こえるほど静まり返った中で、〈こどものじかんは終わり わたしは大人になってゆく〉と歌い上げる。感極まって涙を流す人があちらこちらに。1番まるっと彼一人で歌い、2番からは石川と廣瀬の音が加われば、ぐんと深みが増した。そして本編の最後は「君のためのMUSIC」で迎えた。手拍子が起こると登場するという“トルネード・ラッパー石川”が、熊谷のフォローを受けながらラップを披露する場面も。〈自由なテンポで 音外したって良いから〉と3人の笑顔が広がれば、涙を流していた観客をいつしか笑顔になっていた。それぞれの歌が、しっかりと彼らが思い描くかたちで届いている光景だったと思う。

558A0261

アンコールにも応え「ヒカリアレ」を演奏する。続けて「クリスマスも近いということで、プレゼントを持ってきました!」と告げれば大歓声が起こり、「月光サンタクロース」へ。@FMにて番組を持つ彼らは、感謝の言葉を何度も口にしていた。「自分の子供のように思っている曲が電波にのせて届けられることが嬉しい(熊谷)」、「たくさんのお便りがきて、番組内で誰のお便りを読もうかギリギリまで迷ってしまう(廣瀬)」、そして「この番組があるから毎日が楽しい。新しい家族ができた(石川)」。毎週届く数々のメッセージは手紙のように思いが綴られたもので、3人は読む度に嬉しさがこみ上げてくるのだという。地道にバンドを続けて来た彼らの誠実な姿勢があったからこそ、貴重なこの日を温かく終えることができたのだろう。

558A0055

来年はシングルとアルバムの発売を控える、BURNOUT SYNDROMES。ワンマンツアーも決定しており、2018年はまた一段とギアを上げた彼らに会えるに違いない。この模様は@FMにて12月17日(日)、19時からオンエアされる。またradikoのタイムフリー聴取機能で放送後から1週間は聴くことができるので、ぜひそちらも合わせてチェックを忘れずに。

(文:笠原幸乃 写真:永縄貴士)

 

セットリスト

1. 文學少女
2. FLY HIGH!!
3. セツナヒコウキ
4. 吾輩は猫である
5. こどものじかん
6. 君のためのMUSIC
EN1. ヒカリアレ
EN2. 月光サンタクロース

 

ハートアップ×@FM ROCK YOU! Presents BURNOUT SYNDROMES プレミアム アコースティック ライブ

放送日時:2017年12月17日(日)19時00分~19時55分
radiko:http://radiko.jp/#!/ts/FMAICHI/20171217190000
※タイムフリー聴取機能で、放送後1週間以内であれば聴くことができます

 

Official Site

http://burnoutsyndromes.com/

ページトップへ