HOME Music「年末調整GIG2017」予告編

「年末調整GIG2017」予告編

12月21日(木)から24日(日)の4日間の開催となる「年末調整GIG2017」。当サイトでは、各日の全体像を出演21組を交えて一気にご紹介。すでに参加を決めた方も、まだ迷っている方も、今一度ラインアップのおさらいを!

 

2017年12月21日(木)名古屋CLUB UPSET

1日目のコピー

初日の舞台となるCLUB UPSETには、実力派若手バンドが集う。1組目にご紹介するのは、女性5人組ロックバンド、Drop’sだ。2014年から4年連続の出演となる常連バンドであり、年末調整GIGで彼女らを見ることが定番化しているというファンも多いはず。今年、活動拠点を北海道から東京へ移し、新ドラマーに石川ミナコを迎え、転機を迎えた。〈NEW SEASON〉 というスローガンを掲げて活動してきた一年を総括するパフォーマンスを目に焼きつけたい。2組目は、塩入冬湖(ヴォーカル/ギター)とコシミズカヨ(ベース)による女性2人組のFINLANDS。冬らしい服装に身を包んだ可愛らしいルックスとは裏腹に、甲高く響く塩入の歌声とメリハリの効いた四つ打ちのサウンドがクセになる。

Drop’s「どこかへ」

FINLANDS「恋の前」

続く3組目は、宇都宮発スリーピース バンドSUNNY CAR WASH。10代限定ロックフェス「未確認フェス2017」で、審査員特別賞を受賞したフレッシュなバンドだ。生活観溢れる等身大のラヴソングを歌う彼らは、いい意味で暑苦しくぎらぎらと眩しい。最後にご紹介するのは、teto。2016年結成、同年末に現体制での活動を始めたばかりという4人組バンドだ。疾走感のあるビートとどこか懐かしいハーモニーを操り、すでにIMAIKE GO NOWやBAYCAMP2017などへの出演を果たしている。また、04 Limited SazabysのGENがSNS上で「tetoの新譜も超オススメ。」とコメントしたこともあり、注目度はさらに上昇。以上4組、まさに今見て、聞いておきたいバンドが出揃った。名古屋の早耳リスナーのみなさま、これを見逃す手はない!

SUNNY CAR WASH「キルミー」

teto「9月になること」

(小野夏実)

トップへ戻る

2017年12月22日(金)名古屋CLUB QUATTRO

2日目のコピー

2日目の会場はCLUB QUATTRO。登場するのは、BO NINGENDATSLUCKY TAPESReNの4組だ。2015年以来の出演となるBO NINGENは、ロンドンで結成された日本人4ピース。日本語の歌詞をサイケデリックな音楽に乗せて鳴らす。大きな渦を思わせる強烈な音楽に、ぜひ身を委ねていただきたい。DATSは今年、デビュー・アルバム『Application』をリリースした。シンセサイザーの効いたサウンドは、新しさを感じさせる一方、どこか懐かしい響きも持つ。聴く人をじわじわと取り込むこと間違いなしだろう。

BO NINGEN「Kizetsu no Uta」

DATS「Mobile」

LUCKY TAPESは、独特の浮遊感をはらんだ音楽を奏でる3ピースバンド。今年7月にリリースしたEP『Virtual Gravity』の3曲目「Gravity」は、多くの人に聴いてほしい名曲だ。ホーンを駆使した音楽に癒やされること請け負いである。そして4組目のReNは、今年はSpace Shower TVのNew Force2017に選出・ONE OK ROCKツアーの福岡公演にも参加した実力派シンガー・ソングライターだ。澄んだ歌声もさることながら、ループステーションを用いたアコースティックギターの多重演奏でリスナーの心を掴んだ。年末調整GiGでのパフォーマンスにも期待が高まる。この日のCLUB QUATTROには、音楽好きを唸らせる、“今”のシーンを象徴する4組が集まっている。御託を並べるより、音を聴いていただいた方が話は早い。2018年もきっと台風の目となるであろう4組を、お見逃しなく!

LUCKY TAPES「Gravity」

ReN「Life Saver」

(小島沙耶)

トップへ戻る

 

2017年12月23日(土・祝) 名古屋DIAMOND HALL「年末調整GIG meets カクバリズム15th」

3日目のコピー

今年15周年を迎えた日本インディーレーベルの代表格「カクバリズム」に所属するアーティスト(細野晴臣いわく”カクバリスト”)が多数出演する3日目。5月にリリースしたニューアルバム『Extended』が好評を集めているYOUR SONG IS GOODは、最高水準の生音ダンスミュージックを奏でるインストゥルメンタルバンド。数々のステージをこなしてきた玄人たちが魅せるライヴに、フロアは大揺れになること間違いなしだ。いまや国内で最も有名な東京インディーバンド…といっても過言ではないceroは、ライヴアレンジが多彩なことで有名。類いまれな音楽センスを持つメンバーがこの日どんな演奏をみせるのか、期待は高まるばかりだ。

YOUR SONG IS GOOD「- Double Sider」

cero「ロープウェー」

カクバリズムに籍を置きながらも、10月にアルバム『20/20』でメジャーデビューして勢いに乗っているポップバンド・スカート。爽やかで清々しい楽曲と、エモーショナルなライヴパフォーマンスには定評がある。「FUJI ROCK FESTIVAL ’17」での好演も記憶に新しい中、ダイアモンドホールでの演奏ぶりに期待が高まる。この日はバンドだけでなく、DJ・プロデューサーユニットのMU-STARSも出演する。最新アルバム『BGM LP』がiTunes Music Storeヒップホップアルバムチャートにて第3位を獲得したほか、CM音楽、TVオープニングテーマ、舞台音楽など活動範囲は幅広い。経験に裏打ちされた確かなDJプレイは聴いておいて損はない。

スカート「視界良好」

DJ:MU-STARS「さいごのうた」

以上4組に加えて、国内バンドシーンで根強い人気を集めている3組の出演が決定している。カクバリズムのファンの方もそうでない方も、一聴したら確実に虜になるはずだ。”NEOカワイイ”をテーマに骨太なロックを鳴らすCHAIは、今年ブレイクした個性派ガールズバンド。「FUJI ROCK FESTIVAL ’17 ROOKIE A GO-GO」では会場を大勢の人で埋め尽くし、その確かな音楽性と強いキャラクター性で鮮烈な印象を残した。地元・名古屋でのパフォーマンスも熱度の高いものになるだろう。

CHAI「ほれちゃった」


OGRE YOU ASSHOLE
は、絶えずポップス音楽の更新を続けている特異なロックバンド。ジャンル分けされず、どのカテゴリーにも属さないオリジナリティあふれるサウンドが幅広いリスナーに支持されている。最新モードの彼らを名古屋で見れるのは貴重な機会だ。ミニマルでメロウなアンサンブルが魅力のロックバンド、D.A.N。CHAIと同じく、若手バンドの中でも特に高い注目を集めている。バンド形態で表現されるクラブサウンドは唯一無二、会場の誰もが踊り出さずにはいられないはずだ。

ODRE YOU ASSHOLE「なくした」

D.A.N.「SSWB」

(東憲吾)

トップへ戻る

 

2017年12月24日(日) Zepp Nagoya

4日目のコピー

毎年ジャンルを超えた面子が集う年末調整GIGだが、今年の最終日はこれまでのイベントを見ても相当に破壊力あるラインアップになっている。

ライヴにとどまらずテレビや雑誌など活躍の場を広げ、遂に今年『高校デビュー、大学デビュー、全部失敗したけどメジャーデビュー。』でメジャーデビューを飾ったCreepy Nuts。1MC・1DJのユニットが、この会場でどんなビートを刻むのか期待が高まる。12月3日には念願の武道館公演を行ったサンボマスター。今年、10年越しのフジロック参加でも熱い熱い魂のこもったライヴ、MCで観客の心をガッツリつかんだ彼ら。キャリアに恥じない、ストレートなロックはきっとあなたの魂を揺さぶる。レペゼンゆとり教育といいながらもその高い演奏力と独特な音楽性で人気を集める、SANABAGUN.は、新体制となって2度目の名古屋。ジャズとHIPHOPの融合、独特なリリックを散りばめた平成生まれのチームは、同世代にはないグルーヴで観客を躍らせる。ジャズ畑出身の彼らが魅せる圧巻のステージは見逃せない。

Creepy Nuts「助演男優賞」

SANABAGUN.「We in the street」

サンボマスター「オレたちのすすむ道を悲しみで閉ざさないで」

昨年に引き続いてZepp Nagoyaに出演するSPECIAL OHTERS。6枚目のオリジナルアルバム『WINDOW (通常盤)』、メジャーデビュー10年というメモリアルイヤーを経て、さらに円熟さを増すジャムバンドは、きっと安定のステージを見せてくれるだろう。

SPECIAL OTHERS「始まりはQ(9)CUE」

年末の名古屋にスカパラ登場!恒例となった歌モノコラボでは、UNISON SQUARE GARDENのヴォーカル・斎藤宏介をゲストヴォーカルに迎えたニューシングル『白と黒のモントゥーノ feat.斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)』が決定。一足先に、このステージで…なんてスペシャルなステージをついつい期待してしまう。海外公演も多い、叩き上げのライヴバンドが名古屋の年末を盛り上げる。そして、日本が誇る歌姫、UAが出演!近年は音楽だけでなく、食や生活に深く根ざしたイベントへの出演が多い彼女が、この年末調整で今年最後に名古屋に来てくれます。今年は10年ぶりに朝霧JAMへ帰還したことも記憶に新しい彼女。歌姫の見せる圧倒的な世界観に浸ろう。

東京スカパラダイスオーケストラ「白と黒のモントゥーノ feat.斎藤宏介(UNISON SQUARE GARDEN)」

UA「愛を露に」

(古川喜隆)

トップへ戻る

年末調整GIG2017

日時:2017年12月21日(木)
場所:池下CLUB UPSET
出演:Drop’s / FINLANDS / SUNNY CAR WASH / teto
チケット:立見前売3,000円(ドリンク代別)

日時:2017年12月22日(金)
場所:NAGOYA CLUB QUATTRO
出演:BO NINGEN / DATS / LUCKY TAPES / ReN
チケット:立見前売3,500円(ドリンク代別)

日時:2017年12月23日(土・祝)
場所:DIAMOND HALL
出演:cero / スカート / YOUR SONG IS GOOD / CHAI / D.A.N. / ODRE YOU ASSHOLE / DJ:MU-STARS
チケット:立見前売5,000円(ドリンク代別)

日時:2017年12月24日(日)
場所:Zepp Nagoya
出演:Creepy Nuts / SANABAGUN. / サンボマスター / SPECIAL OTHERS / 東京スカパラダイスオーケストラ / UA
チケット: 1階立見前売6,000円 / 2階指定前売6,500円(ドリンク代別)

※4日通し券:15,500円(各日ドリンク代別)
詳しくはオフィシャルサイトまで

 

チケットぴあ 中部・北陸

ページトップへ