HOME ReportLive ReportCHAI@ FUJI ROCK FESTIVAL’17 2017/07/28

CHAI@ FUJI ROCK FESTIVAL’17 2017/07/28

期待の” NEOかわいい”ルーキー、FUJI ROCKに初見参!

7月28日(金)、深夜24時のFUJI ROCK FESTIVAL。”ROOKIE A GO-GO”には、深い時間とは思えない程大勢のオーディエンスが集った。彼らが待ち望むのは、「ニュー・エキサイト・オンナバンド(NEO)」CHAIだ。アクトが始まる前、サウンドチェックでマナ(ヴォーカル/キーボード)が高い声を発すると、何人かの外国人オーディエンスがそれを真似て高い声を挙げる。早くも、掴みはバッチリだ。CHAIを知る人も知らない人も、アクトが始まるのを今か今かと待ち望んでいた。

いつも通りの決めポーズで、ステージに立つ4人。ROOKIE A GO-GOの妖しい照明に、ピンク色の衣装がよく映える。曲が始まればそこはもう、良い意味で、名古屋や下北沢のライヴハウスと何も変わらない。ユウキ(ベース/コーラス)とユナ(ドラム/コーラス)が繰り出す重厚なリズムに、マナとカナ(ヴォーカル/ギター)のキュートな声が楽しそうに乗る。そのアンバランスな魅力は、お祭り騒ぎが続く苗場の夜空にぴったりだ。

「超気持ちいい、フジロック!」マナの叫びに呼応するように、オーディエンスからは喝采が上がる。その大歓声がひときわ大きくなったのは「ヴィレヴァンの」の中盤、マナがドスの効いた低音でラップをかます一幕だ。CHAIのライヴではお馴染みのこの曲も、苗場で聴くと格別に刺激的。うねるようなベースラインと共に、腹の底まで響き渡っていく。

 

 

テイラー・スウィフトの「Shake It Off」の替え歌で最新作『ほめごろシリーズ』を宣伝し、Beatlesの「Yesterday」をアカペラで茶目っ気たっぷりにカヴァー(いずれも、手拍子が沸き起こる程のクオリティである)。「今のって面白かったよね?面白かったし、NEO可愛かったよね、フジロック!」と叫ぶと、続けて「ボーイズ・セコ・メン」へ。「Handsome boy is bad boy. Do you understand?」「かっこいいやつは、だいたい、セコい。わかります?」と日本語・英語で口々に繰り返した後に披露されたその曲は、まくし立てるような高い声と禍々しいグルーヴで聴衆を魅了する。見てはいけないものを見ているような、しかし目が離せない、そんな音楽が響き渡る。

キラーチューンを畳み掛け、オーディエンスを容赦なく揺らしていくCHAI。最大の盛り上がりを見せたのはやはり「ぎゃらんぶー」だ。「お前らフジロッカーだろ?酒足りてんだろ?」とユウキが煽るに連れて、少しずつブーイングが大きくなる。日本人も外国人も関係なく、一様に「ブー!」と声を挙げ、不思議な一体感が生まれていく。これは果たして現実なのだろうか、それとも夢でも見ているのだろうか?そんな疑問さえ頭に過ぎる、異様な空間だ。

最後の曲は「sayonara complex」。真っ青な照明の下、マナの歌声が気持ちよく伸びていく。少し緩やかで、しかしリズミカルなその音楽は、終わらない夜へと繰り出すフジロッカーたちを送り出す祝砲のように響いた。「CHAIでした!どうもありがとう、また会う日までテンキュ!」。嬉しそうな表情の4人は、なかなか収まらない大歓声に包まれてステージを降りていった。

 

 

アメリカでのツアーに加え、またも世界中の音楽好きにその名を轟かせてしまったCHAI。飄々と、そして堂々と自分達の音楽を鳴らしたその姿は、ライヴハウスで観ている時と何ら変わらず、それでいていつも以上にNEOかわいかった。きっと来年は、メイン・ステージでその姿を観ることができるんじゃないだろうか。

CHAIはつい先日、10月25日(水)に自信初のフル・アルバム『PINK』をリリースすることを発表したばかり。世界第3位を目指す彼女らの快進撃は、まだまだ止まるところを知らない。

(文:小島沙耶)

セットリスト
1. NEO
2. Sound & Stomach
3. ヴィレヴァンの
4. 自己紹介
5. ボーイズ・セコ・メン
6. クールクールビジョン
7. ぎゃらんぶー
8. sayonara complex

 


 

ツアースケジュール

「CHAI 1st Album『PINK』発売記念『やっぱり育ちたいトゥアー』」

・2017年11月18日(土) 愛知/名古屋CLUB ROCK’N’ROLL
※ワンマン
・2017年11月19日(日) 大阪/心斎橋LIVE HOUSE Pangea
※ワンマン
・2017年11月23日(木) 東京/渋谷WWW
※ワンマン
・2017年11月30日(木) 北海道/札幌COLONY
w / 2 / The Floor
・2017年12月3日(日) 宮城/仙台enn2nd
w / ソンソン弁当箱 / パノラマパナマタウン
・2017年12月8日(金) 香川/高松DIME
w / パノラマパナマタウン / プププランド / Helsinki Lambda Club
・2017年12月10日(日) 福岡/福岡DRUM SON
w /  黒猫チェルシー / パノラマパナマタウン / Helsinki Lambda Club
・2017年12月11日(月) 広島/広島Cave-Be
w /  黒猫チェルシー / パノラマパナマタウン / 南風とクジラ

オフィシャルサイト先行
受付期間:8/18(金)21:00~8/29(水)23:00
受付URL:http://eplus.jp/chai-hp/(PC・モバイル共通)

詳しくはオフィシャルサイトまで

 

チケットぴあ 中部・北陸

Official Site

http://chai-band.com/

ページトップへ