HOME MusicInterview篠島フェス2017~開催直前!実行委員にインタビュー編~

篠島フェス2017~開催直前!実行委員にインタビュー編~

7月16日(日)・17日(月)、に開催が迫っている篠島フェス2017。しゃちほこロックでは、篠島フェスのディレクションやあらゆる準備、当日の運営に携わる“篠島フェス実行委員”の生の声をお届けします。どのような想いで、どういった経緯で篠島フェスが開催されたのか。また、実行委員だからこそ知る篠島の魅力などを語っていただきました。さらに、インタビューでのこぼれ話を豆知識として掲載。これを知っていればあなたも“篠島ツウ”になれるかも?

 


 

――篠島フェス、開催のきっかけとは?

実行委員:のちに篠島フェス代表となる辻ミチタカという者が「篠島を盛り上げるために何かできないか」と、ブログで篠島の景色や魅力を発信したり、島のキャラクター「しらっぴー」をつかってPRをしたり、島の子どもたちをまとめて「篠島ウミガメ隊」を結成してイベントを行うなどの活動を行っていました。その後、現在の篠島フェスディレクターや実行委員のメンバーとなる者とも出会い、「フェスをやって人を呼ぼう」となりました。

――失礼ながら、篠島フェスで、“篠島”の存在を知る人も多いかと思うのですが…。

実行委員:私は名古屋生まれ名古屋育ちなのですが、地元の友人・知人に聞いても、日間賀島や佐久島のことは知っているのに篠島のことは知らない・行ったことがないという人が多いです。名古屋からでも1時間半程度でアクセスできる場所にあるということも知らない人が大半でした。おいしいもの、楽しいこと、きれいなところ……みんなの知らない篠島の魅力をフェスというツールを使ってPRしたいと考えました。

――イベントスタッフの多くをボランティアスタッフで運営しているとお聞きしました。その点については、何か思いやこだわりがあるのでしょうか?

実行委員:毎年、全国からボランティアスタッフとして参加してくれる人がとても多く、感謝しています。僕らの思いは“フェスをきっかけに篠島を知ってもらうこと。篠島をきっかけにいろいろなもの・ひと・ことが繋がるイベントであること”で、これは立ち上げ当初から変わっていないんです。ボランティアスタッフでも、長い人では前日準備から翌日の撤収まで4日間、ゲストハウスで共同生活を行います。イベント開催中はもちろんですが、このゲストハウスでの時間も、篠島のことを知ってもらうとても良いきっかけです。まかないのカレーを食べていたら、島の猟師から、タコやしらす、鮮魚の刺身の差し入れがもらえるなんてフェス、他にはないと思っています(笑)。

 

篠島ブレイクタイム上01篠島は1979年に人気絶頂だった吉田卓郎がアイランドコンサートを開催した、日本のポップミュージックの歴史でも記念すべき聖地だということをご存知でしょうか?当時、日本中の若者が篠島を目指し、フェリーに鈴なりになって上陸した話は、篠島で伝説として語り継がれているそう。メインの会場となっている場所は、まさにアイランドコンサートが行われた、その場所であり、2015年のSuchmosや2016年のビッケブランカなど、篠島フェスに出演したアーティストが次々にビッグになっていくのは、音楽の神様に誘われているからなのかもしれません。
篠島ブレイクタイム下

 

――選ぶのは難しいとは思いますが、イチ押しアーティストがいれば教えてください。

実行委員: どのアーティストも篠島で観たいアーティストばかりですが、イチ押しはビッケブランカです。去年はキーボード弾き語りで出演してくれたのですが、すっかり篠島フェスを気に入ってくれたようで、今回はバンドメンバーを引き連れてきてくれます。篠島島民が愛してやまない、かりゆし58も、篠島フェスで是非観ていただきたいです。ADAM atの去年の篠島フェスの様子をSNSで見て参加を決めたと噂の、カルメラもぜひ野外で観ていただきたい。そして緑黄色社会も、いまのうちから観ておくべきバンドです。

Vicke_A蜀・Vicke_Photo_1 ADAMat

KARIYUSHI2015_12_s

calmera161017mini 17.05.01_緑黄色社会_0635

――2日間篠島に滞在する方もいると思いますが、ライヴ以外にもぜひ知ってほしい篠島そのものの魅力はありますか?

実行委員:ウミガメが産卵にやってくるほどキレイな海の美しさ、自然豊かな風土、漁獲高日本一のしらすやタコなどの新鮮な海鮮のおいしさです。篠島フェスをきっかけに、それらをじっくりと堪能してほしいと思っています。フェスの会場でも、島の食材を使ったフェスめしを提供する店はありますが、地場の魚の刺身や生のしらすは、旅館や島の食事処ならではです。また、1日目の夜には、砂浜がステージになったアコースティックライヴや、ビーチヨガを開催します。2日目の朝には、「篠島ウミガメ隊」の子どもたちと一緒に、砂浜の清掃を行う「クリーンアップ大作戦」を行います。(「クリーンアップ大作戦」参加者にはオリジナル缶バッチをプレゼント。その他アクティビティに関する情報はこちら

 

篠島ブレイクタイム上02メイン会場のライヴだけではなく、島全体を使ったイベントであることも篠島フェスの特色。空き時間には、サンサンビーチや島の観光名所へ、足をのばしてみては?迷路のようなせこ道(細い道)では島ネコや、船着場では魔よけの意味が込められた唐草模様の漁船を見ることができます。また、夕暮れ時に島の南端にある展望台へ行けば、愛知県内で唯一、日本の夕陽百選に選ばれている「松島の夕日」も見られるそう。篠島ブレイクタイム下

 

――最後に、今年すでに篠島フェスに参加する予定の方、それから今まだ迷っている方へ一言お願いします。

実行委員:参加予定の方、ありがとうございます!篠島をまるごと楽しんでください!フェス以外のことでも、気になることがあれば、ぜひ気軽にスタッフに聞いてください。島のおいしいもの、きれいな場所、楽しい店などなど、ご案内いたします。迷っている方、ぜひ一度遊びに来てください。海水浴ついででも、プチ旅行のついででも、もちろん大歓迎です!メイン会場への入場は有料ですが、他のフェスに比べるととてもリーズナブルですし、今年から、高校生割引(要証明書)も始めました。また、ビーチステージは無料でご覧いただけますので、チケットが無くても十分に楽しめると思います。

 

篠島フェス2017 supported by ZIP-FM

日時:2017年7月16日(日)・7月17日(月・祝)
会場:芝生広場・サンサンビーチ
主催:篠島フェス実行委員会
Facebook:http://www.facebook.com/SHINOJIMAfes
Twitter:http://twitter.com/shinojimafes
instagram:http://www.instagram.com/shinojimafes/

【チケット】
前売: 2DAYS 5,000円 / 1DAY 3,000円
高校生・前売り限定:2DAYS 3,000円 / 1DAY 2,000円 ※学生証を受付で提示必須
当日: 2DAYS 6,000円 / 1DAY 4,000円
(すべて 税込・1ドリンク別)

Official Site

http://shinojima-fes.jp/

ページトップへ