HOME ReportLive Reportビレッジマンズストア「SAKAE SP-RING 2017」@DIAMOND HALL 2017/06/04

ビレッジマンズストア「SAKAE SP-RING 2017」@DIAMOND HALL 2017/06/04

ダイアモンドホールに起きた真っ赤な狂騒

ビレッジマンズストア01 サカスプ2017

開演前から予兆はあった。フロアに流れ込む人の勢いが止まらず、前に詰めるようスタッフがお客さんに呼びかける。二日間のダイアモンドホールの中で、ここまで混雑しているのは体感的にも初めてだった。暗転と同時に沸き上がるような歓声が起こり、サカスプには4度目の出演となるビレッジマンズストアがステージに姿を現した。

ビレッジマンズストア05 サカスプ2017

夜明けのような柔らかい照明のなか「正しい夜明け」を演奏すると、感傷に浸る間もなく「待たせたなぁサカスプ!名古屋にはびこる憂鬱と退屈を殺しにきたぞ!」と水野ギイ(ヴォーカル)が叫び、「WENDY」がスタート。フロントマンである水野のみならず、加納靖識(ギター)、岩原洋平(ギター)、Jack(ベース)らも足を大きく開いて楽器をかき鳴らし、“名古屋の暴れ馬”の異名にふさわしいパフォーマンスで熱狂を加速させていく。真っ赤に染まったダイアモンドホールがビレッジに乗っ取られていくさまはなんとも痛快だ。「弾けてるかサカスプ!4年かけて辿り着いたダイホの景色は最高だぞ!」という水野の言葉がぐっとくる。

ビレッジマンズストア02 サカスプ2017 ビレッジマンズストア03 サカスプ2017

中盤のブロックからは怒涛の勢い。バンド名を冠した「ビレッジマンズ」でフロアを思いきり揺らし、合いの手がバッチリ揃った「夢の中ではない」、そしておそらくその場の全員が待っていた「逃げてくあの娘にゃ聴こえない」ではギターの二人がダイブ!しかしそんなメンバーに負けないぐらいお客さんの盛り上がり方はすさまじく、暑苦しいフロアのテンションは狂信的と言いたくなるほどだった。

終わりを前に、「おいわかったかお前ら!これがナゴヤシティだ!」と言い切る水野。フロアから起きた喝采のような拍手に向けて、更にこんな言葉を残した。「最高だな。改めて言うぞ、俺たちと遊んでくれてありがとう。今まで下向いてたから、どこにも誰もいなかった。誰かの為に何かをしようとしなかった。でもメンバーがいたんだ。いいか、目の前見てみろ。俺たちがいるぞ。中途半端な顔でここに来た奴らも、今は全力で笑ってるぞ。俺たちとロックンロールに乗って、どこまでも行こうな、名古屋!」。

ビレッジマンズストア04 サカスプ2017

これまで水野の言葉に語られてきたように、ビレッジマンズストアは得体のしれない焦燥感や、孤独に身を焼かれるような想いから生まれたバンドだと思っていた。そんな5人がこれほどの人に求められ、これだけの人を動かしている景色には何度も胸が熱くなった。この時間、ダイアモンドホールは初めての入場規制。まぎれもなく、ロックンロールと転がり続けた5人が勝ちとったものだった。

(文:青木美穂 写真:鈴木圭世)

セットリスト
1. 正しい夜明け
2. WENDY
3. ビレッジマンズ
4. 夢の中ではない
5. 逃げてくあの娘にゃ聴こえない
6. 眠れぬ夜は自分のせい
7. PINK


 

ライヴスケジュール

「ビレッジマンズストア LIVE DVD『正しい夜遊び』リリースツアー」
・2017年7月27日(木)神戸/太陽と虎
・2017年7月28日(金)福岡/graf
・2017年8月13日(日)大阪/阿倍野ROCKTOWN
・2017年8月24日(木)東京/渋谷WWW
・2017年9月23日(土)愛知/名古屋 Electric Lady Land

「MURO FESTIVAL 2017」
・2017年7月23日(日)東京/お台場野外特設会場

「嘘とカメレオン presents『嘘ノコシカケ 其ノ弐』」
・2017年7月31日(月)東京/下北沢ReG

「TOKYO CALLING 2017」
・2017年9月16日(土)~18日(月・祝)東京/下北沢,新宿,渋谷ライブハウスサーキット
※出演日程は後日発表

詳しくはオフィシャルサイトまで

 

チケットぴあ 中部・北陸

 

Official Site

http://villagemansstore.com/

ページトップへ