HOME ReportLive Reportcinema staff「『熱源』Release tour 『高機動熱源体』」@BOTTOM LINE 2017/06/02

cinema staff「『熱源』Release tour 『高機動熱源体』」@BOTTOM LINE 2017/06/02

思い描いていた理想を手に入れ、念願の野音ワンマンへ

20170602名古屋ボトムライン_170706_0132

バンドにおける環境面についてのアナウンスがされたのは、6thフルアルバム『熱源』が発売される前日のこと。「所属レーベルのポニーキャニオンと新たにマネージメント契約を結んだ」という発表だった。その後、三島想平(ベース)が自身のブログでこれまでの経緯を語っていたが、心底辛かった当時を打ち明けられるほど、cinema staffが前を向けていることの表れだろう。ツアー2日目の名古屋公演は、原点回帰となる『熱源』の楽曲たちを鳴らすのに相応しい、バンドの好調なモードを感じた。ライヴ中で「僕らにとって紆余曲折あった1年でしたが、今すごく良いチームで、やっと思い描いていたものができている」と話した三島の言葉に大きく頷けた、その模様をレポートする。

20170602名古屋ボトムライン_170706_0067

メンバーが1人ずつ現れ定位置につき1音目を鳴らしたと同時に、真っ白いライトでステージが覆われた。鮮やかなスタートを切り、序盤からトップギアに入れたエネルギッシュな展開で、オーディエンスの衝動を掻き立てる。さらに「岐阜県、cinema staff始めます」と開幕を告げる三島の挨拶に歓声が沸き起こり、会場の熱気は上昇するのだった。久野洋平(ドラム)が力強く刻む手数の多いリズム、辻友貴(ギター)のアグレッシブで刺激的な演奏。飯田瑞規(ヴォーカル/ギター)の存在感のある独特な歌声、それに三島のコーラスが合わさる。カチっと4人のピースがハマったステージングで音像により迫力が生まれ、熱狂色の強いサウンドスケープを早くも描いていく。息つく間もなく放出され続けるエネルギーは、まさにシネマがライヴで戦ってきた証であり、その光景に興奮が抑えきれなかった。

20170602名古屋ボトムライン_170706_0029

滴る汗を拭き、息を整えながら「今日はワンマンなんでたっぷりやります」と飯田が改めて挨拶をし、演奏したのは「souvenir」。この曲が今回のライヴで特に良かった。ゆったりとしたテンポの中で煮えたぎる熱を凝縮させ体現する――これがシネマのライヴならではの醍醐味の1つだと思っているのだけれど、「souvenir」でそれが顕著に出ていたのだ。ツアー2日目とあって『熱源』収録曲でもあるこの曲は、まだビルドアップの最中だと感じるサウンドではあったことは否めない。しかし完成形へと道半ばだからこその瑞々しさが、返ってバンドに宿る衝動性と波長が合わさって、手に汗握るスリリングな瞬間を生んでいた。

20170602名古屋ボトムライン_170706_0049

後半戦は「pulse」からノンストップで畳み掛ける。メンバー各々は全身を使って演奏し、エモーショナルなグルーヴを作り上げていった。その勢いのまま本編ラストに差し掛かり、一段と重みを増したバンドサウンドへと変化する。火傷してしまいそうな熱が込められていた音像は、今日1番の圧を感じさせた。言葉でパッションを伝えることも大事ではあるけれど、バンドマンとして音で意志を示す姿がそこにはあったのだ。音にすべてを出し切る、誠実さ・泥臭さ。シネマとしての正攻法を見せつけられたら、心が揺さぶられるに決まってる。限界の見えない昂揚感がフロアを包んでいた。そしてアンコールに応え、辻はフロアに降り観客の一人にギターを託す場面も。オーディエンスと作り上げたライヴを、最後の瞬間まで彼らは噛み締めたかったのだろう。肩で息をするほどの全力投球の時間を終え、「岐阜県から来ましたcinema staffでした、どうもありがとう!」と三島の言葉を残して4人はステージを去った。

20170602名古屋ボトムライン_170706_0156

5周年を迎えるOOPARTSを9月に開催すること、そして10月には初の野音ワンマンライヴを行うことを発表した、cinema staff。ライヴで飯田が語った野音への想いからも感じたが、シネマは今とても重要なターニングポイントにいるのだと思う。このツアーの先にあるOOPARTS、そして念願の野音ワンマンに向けたギアチェンジはもうすでに入っている。そう確信させてくれる、バンドのとても前向きな姿勢を感じることのできたライヴだった。ここからの変貌に期待したい。

(文:笠原幸乃 写真:ヤオタケシ)

 


 

ツアースケジュール(※終了分は割愛)

「『熱源』 Release tour『高機動熱源体』」
・2017年7月8日(土)北海道/BESSIE HALL
w / サイダーガール
・2017年7月9日(日)青森/青森Quarter
w / サイダーガール
・2017年7月15日(土)神奈川/横浜BAYSIS
w / yonige
・2017年7月16日(日)群馬/高崎club FLEEZ
w / My Hair is Bad
・2017年7月17日(月・祝)埼玉/HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3
w / My Hair is Bad
・2017年7月28日(金)東京/恵比寿LIQUIDROOM

ライヴスケジュール

「two strike to(2) night 〜万感の日比谷編〜」
・2017年10月14日(土)東京/日比谷野外大音楽堂

「OOPARTS 2017」
・2017年9月23日(土・祝)岐阜/club-G
w / ATATA / LEGO BIG MORL / My Hair is Bad / 片平里菜 / 鳴ル銅鑼 / The Velvet Teen

 

詳しくはオフィシャルサイトまで

チケットぴあ 中部・北陸

Official Site

http://cinemastaff.net/

ページトップへ