HOME ReportLive ReportBACK LIFT「SAKAE SP-RING 2017」@DIAMOND HALL 2017/06/03

BACK LIFT「SAKAE SP-RING 2017」@DIAMOND HALL 2017/06/03

メジャーの舞台に向けて、楽しさに溢れた決意のライヴ

170603_backlift_yoshi-10

SAKAE SP-RINGのステージに立つのは今年で4年連続のBACK LIFT。90年代のメロコアに強く影響を受けたサウンドと、実直でまっすぐな歌詞が魅力の3ピースバンドだ。サウンドチェックのために登場するなり「元気ですか?この時間から集まってくれた皆さんにご褒美を!」とワンコーラスお見舞いし、登場を待ちわびていたファンをいきなり喜ばせた。

いよいよ本番を迎え「地元名古屋からBACK LIFTがぶちかましにきたぞ!」と、のっけから威勢のいい小林’KICHIKU’辰也(ヴォーカル/ベース)。そのまま「LIFTING ME UP」を始めると、キッズたちは待ってましたとばかりにステップを踏み踊り出した。「音楽は好きですか?全員で遊ぼうぜ!」とフロアに向けて小林は何度も煽り、自分自身も演奏しながらハイジャンプを決めて全力でこの時間を楽しむ。3人にとってもファンにとっても、BACK LIFTのライヴは心のまま、子どもみたいにはしゃげる場所のようだ。

170603_backlift_yoshi-11

MCでは5月にリリースしたメジャーデビューミニアルバム『BLANKS』について、その場でアルバムを買った人の数を確認し「え~…5人ぐらいですね、もっと頑張ります(笑)」と話す小林。そう言いつつも、そのあと披露した「White」に心を揺さぶられた人は多かっただろう。まだ青さの残る声でメロディアスなイントロを歌い上げる小林の姿は、新しい舞台に向かう決意に満ちていた。そんな時間を経ての後半戦は再び盛り上がりが加速。「This is myself」が始まった瞬間、顔を見合わせて喜ぶお客さんたちには思わずこっちが笑顔になってしまった。レゲエのようなアプローチから爆発力のあるサビでフロントエリアはもみくちゃ、続く「morning」で盛り上がりは最高潮へ。メンバーの「飛び跳ねろ!」の声に合わせてお客さんが一斉にジャンプするとフロアが大きく揺れた。

170603_backlift_yoshi-7 170603_backlift_yoshi-6

ラストにさしかかり、「俺たちはここ名古屋から全国に行きたいから、もっとついてきてくれ!よろしく!」と小林が叫んで〈あなたとなら 明日も超えていけるかな〉と歌う「with you all the time」で締めくくった。飾り気のない素直な言葉、音を自由に楽しんでいる姿は、彼らの音楽に向けた、そしてお客さんに対する誠実さなのだと感じた。今時珍しく、ちょっと不器用なぐらい硬派なバンドだ。新しいステージに向けて歩き出した彼らの歌が、これから名古屋を飛び出してもっと多くの人に届いていくのを見ていたいと思った。

170603_backlift_yoshi-14

(文:青木美穂 写真:古川喜隆)

セットリスト
1. LIFTING ME UP
2. HUNGRY
3. sign
4. White
5. NEVER SAY DIE
6. This is myself
7. morning
8. Search
9. Fly
10. with you all the time


 

ライヴスケジュール

「BACK LIFT presents BLANKS TOUR 2017 」
・2017年7月6日(木)大阪/MUSE
・2017年7月14日(金)東京/渋谷TSUTAYA O-WEST
・2017年7月21日(金)愛知/名古屋CLUB QUATTRO

POT presents POT “GEMME” TOUR2017
・2017年7月28日(金)香川/高松DIME
・2017年7月29日(土)高知/X-pt.

「Save the Birthday2017 」
・2017年8月27日(日)滋賀/彦根市荒神山公園運動施設野外特設ステージ

「BUZZ THE BEARS presents 愛媛無双2017 」
・2017年10月21日(土)愛媛/Wstudio RED , アオノホール , Double-u studio

詳しくはオフィシャルサイトまで

 

チケットぴあ 中部・北陸

 

Official Site

http://backlift.radcreation.jp/

ページトップへ