HOME ReportLive ReportCHAI「SAKAE SP-RING 2017」@RAD SEVEN 2017/06/03

CHAI「SAKAE SP-RING 2017」@RAD SEVEN 2017/06/03

“カワイイ”の認識が変わった
オンナバンドの極上ロックショー

開演前からすでに、CHAIの人気ぶりを肌で感じていた。RAD SEVENは入場規制がかかるほど人でぎっしり。しかも年齢・性別問わず、幅広い層の観客が集まっていた。熱視線がステージ上に注がれる中、開演時刻になると照明が暗転、続いて「C・H・A・I!」のコールが鳴り始めた。観客たちは息ぴったりにハンドクラップを始める。そして満を持して、ピンクの衣装を身にまとったメンバーたちが登場した。

170603_chai_yoshi-2

「Sound & Stomach」からスタートすると、いきなり黒いグルーヴが起こり始めてびっくりしてしまった。どっしりと構えたパワフルなドラム、ぐねぐねと地を這うベース、キレッキレのリフをキメるギター。試しに目を閉じて耳を澄ましてみたら、頭に浮かんできたのは黒人ミュージシャンたち。でも目を開けると、そこで演奏しているのは若い女性4人である。この瞬間、彼女たちが確かな技術を持つロックバンドであることを思い知らされた。

170603_chai_yoshi-9 170603_chai_yoshi-12

…と感動していたら、3曲目の「ヴィレヴァンの」では、マナ(ヴォーカル / キーボード)が太いセクシーボイスを出してきて驚く。先ほどまでのガーリーなピュア・ハイトーンボイスとはまるで違う、ソウルフルな声色だ。しかも少しドスを利かせてラップしている。こうした部分からも、CHAIがブラックミュージックを愛していることが伝わってきた。

続いて「自己紹介」でマナ、カナ(ギター / コーラス)が息ぴったりのパフォーマンスを見せた後、「ボーイズ・セコ・メン」を披露。“イケメンはセコくてズルくてヤスいけど魅力的だよね”ということを歌った曲なのだが、近くにいた女性の動きが激しくなったのは気のせいだろうか。

170603_chai_yoshi-7

そして7曲目「ぎゃらんぶー」ではメンバー全員がサングラスを装着、観客にブーイングを求めてきた。それに応えて「ぶー!ぶー!」という声がフロアに満ちていく。隣の人も、その隣の人も、そのまた隣の人も楽しそうにブーイングしていたため、僕は辛抱たまらなくなってメモ帳をポケットに突っ込み、いっしょにブーイングした。これがとても快感だったから、意外と悪い気はしていない。

170603_chai_yoshi-21 170603_chai_yoshi-23

グルーヴィーな楽曲で盛り上がった後、ラストに披露されたのは「sayonara complex」。CHAIが掲げるスローガンの一つ、“コンプレックスを肯定しよう”というメッセージが形になったような優しい楽曲である。ひどく胸が締め付けられる切なさがある一方で、負の感情を浄化する力強いエネルギーも備えている。今後のCHAIの活躍を振り返る際、この曲はバンド史に外せない代表曲になるだろう。フロアに幸せいっぱいの余韻を残して、ニュー・エキサイト・オンナバンドの極上ロックショーは幕を閉じた。

170603_chai_yoshi-4

ちなみに、ライヴ中には毎回おなじみの音源紹介ミニコーナーをやったり、ユナ(ドラム / コーラス)がゆるいMCでDIYタオルを紹介したりと、とにかく心ゆくまで楽しませてくれたCHAI。自分たちのライヴはみんなを幸せにするショーなのだということを、しっかり意識していたと思う。そこに虚飾はなく、ブリッ子じみた嫌みもない。あるがままの自分を肯定して、その肯定する喜びを体現しているように見えた。

170603_chai_yoshi-11

また、新しい“カワイイ”を見つけたような気分にもなった。こういう仕草や動きとかってカワイイんだな、という気づき。それと同時に、自分の持っている“カワイイの認識”はとても狭いことがわかった。目が大きくて鼻がシャープでボン・キュッ・ボン…みたいな定型のカワイイ以外にも、CHAIが見せてくれたようなナチュラルなカワイイもたくさんあるのだ。僕が見ようとしていないだけで。もしくは、あなたが見せようとしていないだけで。

170603_chai_yoshi-14

なお、次の名古屋ライヴは8月11日に名古屋CLUB ROCK’N’ROLLで行われる予定だ。音源を聴いてハマっている読者のみなさん。ライヴに行くとさらにハマることを、ここに約束します。

(文:東憲吾 写真:古川喜隆)


 

ライヴスケジュール

「CHAI presents ”ロード・ツー・ダ・GRAMMYs” season4」
・2017年8月11日(金・祝) 愛知/新栄CLUB ROCK’N’ROLL
・2017年8月12日(土) 大阪/心斎橋LIVE HOUSE Pangea
・2017年8月18日(金) 東京/下北沢BASEMENT BAR

「GFB`17(つくばロックフェス)前夜祭」
・2017年6月24日(土) 茨城/水戸SONIC

「3 POINTS.」
・2017年6月26日(月) 東京/代官山UNIT

「ドゥワチャライク -DO WHAT YOU LIKE DAY1」
・2017年7月8日(土) 山形/酒田MUSIC FACTORY

「Love sofa tokyo」
・2017年7月9日(日) 東京/代官山UNIT & SALOON

「GFB‘17(つくばロックフェス)」
・2017年7月15日(土)・16日(日) 茨城/つくばねオートキャンプ場

「オワリカラ会場限定シングルリリースツアー「ベルトコンベアー時代」」
・2017年7月23日(日) 岡山/PEPPERLAND
・2017年7月24日(月) 福岡/UTERO
・2017年7月25日(火) 熊本/NAVARO
・2017年8月7日(月) 新潟/GOLDEN PIGS BLACK STAGE
・2017年8月8日(火) 仙台/enn 2sn

「ゴールデンサーキット 2017」
・2017年8月20日(日) 沖縄/ output

「CHAI OKINAWA LIVE!!!」
・2017年8月21日(月) 沖縄/ output

詳しくはオフィシャルサイトまで

チケットぴあ 中部・北陸

 

Official Site

http://chai-band.com

ページトップへ