HOME ReportLive Reportビッケブランカ「Take me Take out TOUR 2017」@NAGOYA CLUB QUATTRO 2017/05/11

ビッケブランカ「Take me Take out TOUR 2017」@NAGOYA CLUB QUATTRO 2017/05/11

ハッピーの相乗効果で、無条件に幸せになれたツアー初日

4月11日に「Take me Take out」をiTunes Store限定で配信リリースした、ビッケブランカ。年明けにツアーを終え約4ヵ月という短い期間を経て、彼が再び名古屋へ帰って来た。今回はCzecho No Republicを迎え、お互いの音楽から生まれるハッピーの相乗効果で笑顔溢れた、ツアー初日のレポートをお届けする。

チェコ take me take out 01

Czecho No Republicです!」と武井優心(ヴォーカル/ベース)の挨拶を皮切りに「Amazing Parade」でスタート。タカハシマイ(コーラス/シンセサイザー/パーカッション)の弾くシンセサイザーを筆頭にして壮大なメロディが鳴り響くアレンジが施され、まさにパレードのような幕開けだ。リズムがどんどん加速していくと、1曲目にして砂川一黄(ギター)が早くもお立ち台に上がり、フロアはヒートアップする。武井が「我々もハッピーな音楽鳴らすんで、みんなでハッピーの向こう側へ、行こうぜ名古屋ー!」と声高らかに言い、「ネバーランド」へなだれ込むと会場からはクラップが自然と沸き起こった。満面の笑みで演奏する5人の姿が印象的で、それがまさにチェコの音楽が持つ“誰をもハッピーにするチカラ”を示しているよう。バンドサウンドに勢いが増していくと溢れんばかりの多幸感が生まれ、どこを切り取ってもハッピーでワクワクする空間を作り上げていた。

チェコ take me take out 04

そんな中で印象的だったのは、5曲目「ゴッホとジョン」でタカハシの魅力が存分に発揮されていたこと。トロピカルで爽快感のある曲調の中、しなやかで透き通った歌声が響き渡る。彼女にフィーチャーされたこの曲で、「こんなにも芯を持っていた歌声だったのか!」とその進化に驚かされた。続けて「趣を変えて、ゆったりとした曲を」と武井の紹介で演奏し始めたのは「Blue Holiday」。波の音から徐々にバンドサウンドへと移り変われば、シンセサイザーの立体的な音が会場にこだまする。濃淡の違う青いライトでステージが照らされる演出も相まって、チェコの音楽に深く導かれる引力が生まれたのだった。彼らの鳴らすバンドとしてのタフなサウンドがくっきりと浮かび上がったように思えた。

チェコ take me take out 03

武井が「ビッケブランカさんに温かいバトンを渡したいんで、後半戦も盛り上がって行こうぜー!」とオーディエンスを焚きつけ、「No Way」へ。太陽の光のように注ぐライトが会場の高揚感を掻き立てた。さらに砂川だけでなく八木類(ギター/コーラス/シンセサイザー)もお立ち台に昇ったり、山崎正太郎(ドラム)が目一杯スティックを天高く上げたり、演奏もダイナミックになっていく。「MUSIC」「Firework」と連投すれば幸せの空気が充満し、最後の曲「Oh Yeah!!!!!!!」まで一気に駆け抜けた。曲を終えると、砂川の「ありがとうございました!Czecho No Republicでした!」という言葉を残して、チェコの時間はハッピーな余韻に包まれた中で幕を閉じた。

ビッケブランカ take me take out 01

本日主役のビッケブランカはその時間がくると、駆け足で登場しステージ中央でビシっと敬礼。「ビッケブランカでーす!どうぞ、よろしくお願いしまーす!」とエネルギッシュに始まりを告げた。大歓声が迎えた中、彼はマイクを手に取り歌い、華麗なステップを披露しながらステージを自由に動き回る。最初からサービス精神旺盛なパフォーマンスによって会場の熱気は一気に高まった。力強い指さばきに目が奪われた「ココラムウ」を経て、ファルセットが心地良い「追うBOY」へ。コール&レスポンスを交えてオーディエンスのボルテージを上げていく。彼を中心に多幸感に溢れる光景が創り上げられたことは、ビッケブランカの持つエンターテイナーとしての力量が表れていたと思う。彼自身が陽のオーラを放っていることで観客にもその空気感が伝わり、幸福に満ちた空間が出来上がるのだろう。

ビッケブランカ take me take out 03

「ここまで一瞬なんですよ……もう、一瞬過ぎるし!」とここまでの時間があっという間であることにいじけながら、地元・名古屋トークを始めるビッケブランカ。実家に帰ったら犬アレルギーを発症し、朝5時にカプセルホテルへと向かったという出来事をコミカルに独自のテンポで展開し、会場の大爆笑を誘う。このトークスキルも彼ならではの魅力で、MCというブレイク的な時間でも見逃せないのだ。続けて「ドーンといきますけど、準備はいいですか?まだまだ足りないんだからねー!」と声高らかに「Take me Take out」をプレイ。スピード感のある曲調の中、スタンドマイクで歌う姿にオーディエンスの視線は集まる。「アシカダンス」へとなだれ込み、彼は立ったままキーボードを演奏した。その躍動感がバンドサウンドにも伝染し、会場のあちらこちらで音が弾け飛んだ。

ビッケブランカ take me take out 02

オーディエンスの“No!”コールがこだました「Slave of Love」から「ファビュラス」で最後を迎えた。これまでの幸福感が爆発する。鉄板曲オンパレードの流れで、フロアの床が揺れに揺れる天井知らずの熱狂を描き出した。そしてアンコールに応え「Wake up sweetheart」を演奏。「今日ここにいる人の顔を覚えたからね!名古屋が1会場目で良かったです。力を貸してくれてありがとう!」と感謝の気持ちを伝え、ステージを後にした。無条件に幸せになってしまう彼のパフォーマンスには毎回唸ってしまうのだけれど、今回も変わらず彼は純粋に観客とこの時間を楽しみ、独自の空間を創り上げていた。これから先もずっと、彼に会えば元気になれるんだろうなと思わせてくれる、ビッケブランカの懐の深さを改めて感じたライヴだった。次のステージはDIAMOND HALL。規模はどんどん大きくなっていっても、彼の姿勢はいつまでも変わらないと信じられるし、広いステージでどんなパフォーマンスを魅せてくれるのだろうと今から楽しみで仕方がない。

(文:笠原幸乃 写真:永縄貴士)

セットリスト

【Czecho No Republic】
1. Amazing Parade
2. Festival
3. ネバーランド
4. Call Her
5. ゴッホとジョン
6. ABCD Song
7. Blue Holiday
8. No Way
9. MUSIC
10. Firework
11. Oh Yeah!!!!!!!

【ビッケブランカ】
1. 新曲
2. ココラムウ
3. 追うBOY
4. Bad Boy Love
5. Natural Woman
6. SPEECH
7. ソロー*ソロー
8. Take me Take out
9. アシカダンス
10. Slave of Love
11. ファビュラス
EN1. Wake up sweetheart

 


 

ライヴスケジュール

【Czecho No Republic】
「【Czecho No Republic presents ドリームシャワー2017】 at 大阪城音楽堂 夏だ!野音だ!Czecho No Republicだ!~そうだ、みんなで大阪へ行こう。~」
・2017年7月2日(日) 大阪/大阪城音楽堂

【ビッケブランカ】
「FEARLESS TOUR 2017」
・2017年9月14日(木) 愛知/DIAMOND HALL
・2017年9月15日(金) 宮城/仙台MACANA
・2017年9月17日(日) 北海道/札幌KRAPS HALL
・2017年9月29日(金) 大阪/BananaHall
・2017年9月30日(土) 福岡/福岡INSA
・2017年10月14日(土) 東京/赤坂BLITZ

詳しくはオフィシャルサイトまで

チケットぴあ 中部・北陸

 

Official Site
【Czecho No Republic】http://c-n-r.jp/
【ビッケブランカ】http://vickeblanka.com/

 

ページトップへ