HOME ReportLive Report「IMAIKE GO NOW 2017」2017/03/26

「IMAIKE GO NOW 2017」2017/03/26

ADAM at(池下CLUB UPSET / 13:30〜14:10)

「もう一歩ずつ下がってもらえますか?入場自主規制をかけたいと思いまーす!」。池下CLUB UPSETの一番手に登場するなり飛ばしまくったのは浜松発のセッションバンド、ADAM at。「IMAIKE GO NOW 、とっても和やかな雰囲気ですね!ナゴヤだけにね!」と止まらない玉田のマシンガントークに「シーン」と言わんばかりに暗くなる照明、ADAM atのライヴはそこまでひっくるめてエンターテイメントなのだ。

IMAIKE GO NOW 2017 ADAM at 01 IMAIKE GO NOW 2017 ADAM at 02

いざ演奏がスタートすると、キーボードを筆頭に臨場感あふれるサウンドでフロアを揺らしていく。準備万端のお客さんに「踊りましょうかー!」と煽って拍車をかけるバンドメンバー。ライヴではお馴染みのコール“がってん!”の文字を大きく書いた看板が飛び出した「五右衛門」まで駆け抜けると、「ありがとうございました、ADAM atでした!」とあっさり袖まで引っ込んだ…と見せかけて「アンコールありがとうございます!サーキットイベントの一番手で、入場規制からアンコールなんて伝説ですよねー!」と再登場するまさかの展開。自由奔放なプレイにお客さんも大爆笑だ。

IMAIKE GO NOW 2017 ADAM at 03

そんな(自主)アンコールからは、センチメンタルな旋律が追いかけあう「やまねこ神楽 」や、妖精たちがステップを踏んでいるように可憐な「My Fairy Day」など、最新アルバム『Echo Night』からの曲を次々披露。ラストを飾ったのは表題曲「Echo Night 」。高速ピアノフレーズをドラマチックに鳴らし、潔くステージを去った。トークでも演奏でも、一秒たりともお客さんを飽きさせないサービス精神で魅了したADAM at。セッションバンドということもあり、音楽好きのはぐれ者たちが集うバーにいきなり現れて、颯爽と去っていったような風情だった。6月15日に決まっているクラブクアトロでのワンマンも、思い切り笑って踊れる時間になるに違いない。

(文:青木美穂 写真:古川喜隆)

 

COUNT PHANTOM (HUCK FINN / 15:20〜16:00)

ライヴが終わってしばらくの間、荒々しいサイケデリックサウンドの残響が耳から離れなかった。どことなく体もマヒしているような感覚だった。それほどCOUNT PHANTOMの音楽に圧倒されたということだ。

countphantom_c countphantom_a

開始時間になると、いきなり轟音がドバッとフロアに広がった。そして目まぐるしく変わる曲調に聴覚が揺さぶられる。しかし支離滅裂ということでは全くなく、むしろその展開に次ぐ展開に高揚感を覚えた。音はノイジー&ガレージ&サイケ&パンキッシュ…etc。しかも近未来感とアナログ感がバランス良く融合している。いまあるジャンルでは捉えきれないサウンドだ。あっという間に数曲が演奏されたが、観客たちは1曲終わるごとに熱烈な声援と拍手を送っていた。

中盤のMCでは「COUNT PHANTOMです。よろしくお願いします」という簡潔な自己紹介をし、5月5日に新栄CLUB ROCK’N’ROLLで次のライヴが開催されることを発表。そして一呼吸置いた後、すぐに楽器を鳴らし始め、フロアは再び熱狂の渦に巻き込まれた。とにかくスピーディだ。だからといって耳が追いつかないというわけではなく、だんだんとそのスピード感が気持ち良くなっていくから不思議だった。観客たちもライヴが終盤になるにつれて、ますます活発になっていった。心のおもむくままに体を動かし、その荒々しいサウンドを全身に浴びていた。

countphantom_b

あまり息をつく暇なく、ライヴは終わった。巨大な台風がまたたく間に通り過ぎていったようだった。メンバーが楽器を置いたのと同時に時計を見てみると、予定より15分ほど早く終了していた。体感としてはそんな印象はなかったので、とにかくギュウギュウに音が詰めこまれた濃密な時間だったのだと思う。

(文:東憲吾 写真:古川喜隆)

 

Czecho No Republic(BOTTOM LINE / 16:20〜17:10)

ボトムラインの3番手に立ったのはCzecho No Republic。意外にもIMAIKE GO NOW には初めての出演だ。ド派手なイントロから「No Way」が始まるとメンバーはフロントに出て積極的にお客さんを煽り、のっけからハイテンションにプレイ。「Amazing Parade」というお祭り感いっぱいな選曲も手伝って、フロアの熱気もどんどん上がっていく。「改めましてCzecho No Republicです!名古屋、大好きなんですけど気づいたら今年初ライヴなので、取り返すつもりで頑張ります!」と気合十分の武井優心(ヴォーカル/ベース)。「外はあいにくの雨ですが、この中だけでも虹がかかりますように」と話した「レインボー」ではカラフルな音色が合わさって、雲間から太陽が差し込むような気持ちよさに一人ひとりが心のまま踊っていた。

1IMAIKE GO NOW 2017 チェコ02

MCでは武井が「IMAIKE GO NOWは初めてですが、名古屋はこういうイベントが多くていい街だと思います。音楽が好きな人と時間を共有できるのが嬉しい」と話した上で「次に演奏するMUSICって曲を作った時、音楽を聴いてテンションが上がるのがテーマだとスタッフに伝えたら“当たり前すぎる!”とつっこまれたんだけど、間違ってなかったと声を大にして言いたい!これだけ集まってくれた人とわちゃわちゃしたい!」と熱く語りフロアも大歓声。後半の「Oh Yeah!!!!!!!」や「Forever Dreaming」で、全員が声を合わせ歌う光景や、飛び上がらずにはいられないお客さんの様子を見るに、彼が楽曲に託した思いは間違っていなかったと誰もが思っただろう。

IMAIKE GO NOW 2017 チェコ01

「Melody」の演奏前には「音楽をやっていなければありえなかった出会いを、大切にしながらやっていきたいと思います。これからもよろしくの気持ちを込めて」と話していた武井。今池に集った音楽好きたちがチェコのきらきらした音楽でひとつになる――それは「チェコの音楽が誰かとのつながりになりますように」という武井の願いがそのまま実現した、とても幸せな瞬間だった。

(文:青木美穂 写真:古川喜隆)

 

DJ:柴山順次(ONE BY ONE RECORDS/2YOU MAGAZINE)(valentinedrive /18:00〜19:00)

名古屋の音楽情報WEB&フリーマガジン「2YOU MAGAZINE」の編集長であり、また、名古屋のインディー・レーベル「ONE BY ONE RECORDS」代表である柴山順次のDJタイム。リラックスした雰囲気の会場に流れ出したのは、キャッチーなメロディが際立つロックンロールだ。みずみずしくて、甘酸っぱくて、パッションにあふれている。そんな印象を与える楽曲が多かった。柴山はそれらが収録されたCD・レコードをファイルから丁寧に選び出し、ときにリズムをとりながら、手際良くターンテーブルに乗せていく。

djshibayama_b djshibayama_c

3曲ほど流した後だっただろうか、「せっかくの機会だから聴いてほしい音源がある」と柴山。紹介されたのは、X JAPANがまだ10代のとき(当時のバンド名は「X」)に発表した初オリジナル曲「I’LL KILL YOU」だ。現在7インチレコードで約20万円はするレアモノらしい。昔、柴山が新聞配達のバイトをして購入した思い出の品だそうだ。貴重な音源ではあるが、その後の代表曲に比べるとスカスカな音が目立つ。それでも曲中の至るところで才能が芽吹いているように感じられた。また、Xのセカンドシングル「オルガスム」も紹介。(私はじめ)観客たちは興味津々の様子で、DJ卓に置かれた2つのレコードをしげしげと見つめていた。

終盤には「中学生のときに聴いて以来、俺の人生のテーマソングになった」というTHE BLUE HEARTSの「歩く花」をセレクト。いつ聴いても全く色褪せない名曲である。柴山はこの曲にどんな思い入れがあるのだろう?…そんな風に受け手のことを考えながら聴いていると、また違った聴こえ方になるのが音楽の不思議なところである。

djshibayama_d

アーティストの発掘・発信をずっと行っている柴山だが、その原動力になっているのはピュアな想いなのだろう。『音楽が好きで、その気持ちをシェアしたくて、だからもっと知ってほしい』という一途な想いなのではないか。推測の域を出ないが、私はそんなふうに感じた。そして終始、会場に穏やかな空気が満ちていたのは、その想いを観客たちがしっかり受け止めていたからだと想像している。

(文:東憲吾 写真:古川喜隆)

 

キネマズ(PARADISE CAFE 21 / 20:10〜21:00)

キネマズがトリを飾ったのはPARADISE CAFE 21。ウッディな雰囲気が落ち着く会場に、アコースティック編成で登場した。宮下浩(ヴォーカル/ギター)がアコギをつまびいて「そばにいれば」を始めると、歌声がすっと耳になじむ。丸みを帯びていて、コーヒーみたいに味わいのある声だ。

IMAIKE GO NOW 2017 キネマズ01 IMAIKE GO NOW 2017 キネマズ02

「改めまして、キネマズといいます。よろしくお願いします」と宮下が簡単に挨拶をして「ベッドタウン」、「My life」へ。そのタイトルにも表れているとおり、キネマズが描写するのは何気ない日常のワンシーンだ。ドラマチックな毎日だとか、劇的な恋愛とかではない。きっとハタから見たらありふれているんだろうけど、自分にとってはかけがえのないもの。そんな日常を丁寧に切り取っているからこそ、リスナーの心を掴んで離さない。「スクラップ・アンド・ビルド」では、失くしたもの、欠けてしまったものすらも今の自分を形作るひとつなんだという愛おしさがじわじわと伝わってくる。ステージをじっと見つめる人、小さく肩を揺らす人。キネマズの音楽に重ねる風景が一人ひとり違うように、お客さんの楽しみ方もそれぞれだ。

IMAIKE GO NOW 2017 キネマズ03

何度も何度も見つめる“君”のことをランドマークになぞらえた歌詞が切ない「ランドマークタワー」、宮下が「今池の居酒屋っぽい曲です」と笑った「会社員の憂鬱」を経て「close your eyes」でエモーショナルに締めくくった。とつとつとしたMCよりも、歌の方がずっと雄弁。そんなメンバーの人柄がにじみ出たキネマズのライヴは、忙しなく流れる毎日のなかで少しだけ時間の流れをゆっくり感じられる――ほっと肩の力が抜けるひとときだった。

(文:青木美穂 写真:郡元菜摘)

Official Site

http://imaikegonow.com/

AUTHOR

syachirock


@Twitter

LATEST ENTRIES

ページトップへ