HOME ReportLive Report「年末調整GIG 2016」(OKAMOTO’S / ぺトロールズ / SPECIAL OTHERS)@Zepp Nagoya 2016/12/25

「年末調整GIG 2016」(OKAMOTO’S / ぺトロールズ / SPECIAL OTHERS)@Zepp Nagoya 2016/12/25

最終日4日目のZepp Nagoya公演は、OKAMOTO’S・ペトロールズ・RHYMESTER・SPECIAL OTHERS・The Birthdayという渋さと色気と格好良さを兼ね備えた5組が登場。今回は、思わず踊りだしてしまうような音楽を鳴らすOKAMOTO’S、ファンキーなサウンドと柔らかな歌声で魅了したペトロールズ、心地よいグルーヴを奏でるSPECIAL OTHERSをピックアップレポートする。

OKAMOTOS

年末調整GIG最終日、1番手を飾るOKAMOTO’Sが登場。SEが鳴るとスモークにブルーの光が反射し「BROTHER」が始まった。オカモトショウ(ヴォーカル)に合わせフロアも声を上げたり、ジャンプしたり、早くも会場の熱気がどんどん上がっていくのが分かる。「うまくやれ」では観客を巻き込みクラップで遊び、次第に盛り上がっていく彼らの演奏はZEPP NAGOYAに集まった人達の心をしっかりと掴んで離さない。

OKAMOTO'S 年末調整1

またこの日は、12月21日にアナログ盤とい配信のみという特殊形態でリリースされたばかりのミニアルバム『BL-EP』から「Burning Love」に加えライヴでは初となる「NEKO」が披露された。オカモトショウのラップが組み込まれるなど個性豊かな2曲によって“今”のOKAMOTO’Sを贅沢かつ大胆に見せつける。すると会場は瞬く間にダンスフロアへと化し、会場全体が熱狂の渦に飲み込まれていった。「今年OKAMOTO’Sは初の47都道府県ツアーを回り、その年の終わりにこうして素敵なイベントに出させてもらえて本当に嬉しいです。この一年、みなさんにどんなことがあったか知らないけど俺たちと最後、ブギーで踊っていってくれないかー!」の一言から始まったのは「まじないの唄」。彼らの演奏は熱を持ち、ヒートアップしていくライヴ感は観客にも伝染し、ひときわ大きな歓声が上がる。ラストの「Beautiful Days」では、盛大なシンガロングを生み出し、大歓声の中彼らのステージは幕を下ろした。

OKAMOTO'S 年末調整3

(文:清水萌子 写真:郡元菜摘)

 

ペトロールズ年末調整top

2組目に登場したのはペトロールズ。「ヌルっと始まり、ヌルっと終わってすみません」と謙遜気味に話したのは長岡亮介(ヴォーカル/ギター)。”ヌルっと”というのは、大きな抑揚がなくという意味だと取れるが、もちろんそれだけでは終わらせない。時を刻むように淡々と鳴らせば、時折分厚いアンサンブルを聴かせ、会場の静寂と興奮を自在に操った。

この日、予定より少し遅れてサウンドチェックが行われていたことを受け、「このまま始めましょうか」「今からペトロールズの時間です」と長岡のマイペースな言葉がスタートを告げた。河村俊秀(ドラム/コーラス)も4カウントを鳴らし、袖に戻ることなく「表現」でスタートした。三浦淳悟(ベース/コーラス)の骨太な音色に少しずつ長岡の歌声が重なる。メロディの繰り返しの中で徐々に変化をする艶やかでファンキーな一曲だ。

ひときわジャジーなイントロで始まったのは「はのうた」。中盤、「メリークリスマス!」と長岡が声を上げ、〈雨は夜更け過ぎに〉という名フレーズが飛び出した。クリスマス仕様のサプライズに会場は大興奮だ。熱を帯びたソロプレイに沸いた「インサイダー」、情感たっぷりにファルセットをきかせた「雨」で締め括った。メロウで気だるげな歌声に、会場は否が応にもうっとりさせられる。ペトロールズにとって、2016年ラストの舞台となった年末調整GIGのステージ。大人の余裕と色気に満ちた45分間を堪能することができた。

(文:小野夏実 写真:郡元菜摘)

 

specialothers年末調整top

4日間に渡るイベントがまもなく終わりを迎える頃、Zepp Nagoyaの舞台に現れたのはSPECIAL OTHERS。メンバーそれぞれに音の調子を確認していたかと思いきや、そのまま洒落たセッションへとなだれ込み、早々に会場を沸かせる場面もあった。

SPECIALOTHERS年末調整01 SPECIALOTHERS年末調整03

そんな彼らのアクトは、明滅する照明が目にも鮮やかな「ROOT」からスタート。性急なビートを刻むドラムと、メロディを奏でるキーボードを中心に、4人の音色が絡み合う。続くは、暖かく優しげなコーラスも加わった「Around the world」。「Wait for The Sun」では、絶妙な間で対話するようなセッションが繰り広げられ、言葉はなくとも音に表情がついたようだった。ごく自然な流れで往年のクリスマスソング「Santa Claus is Coming To Town」が織り込まれると、小粋な演出に、会場からも笑みがこぼれた。

SPECIALOTHERS年末調整02 SPECIALOTHERS年末調整04

最後に披露された「Laurentech」では、フロアのハンドクラップも5つ目の音色として重なり、共にハーモニーを奏でた。幾度となく繰り返されるフレーズも、彼らの手にかかれば一つとして同じものはない。限られた枠が惜しく、いつまでも浸っていたいと感じられる時間だった。巧みに緩急をつけては聴く者の体を揺らし、随所に成熟したグルーヴ感を見せてくれた。

(文:小野夏実 写真:郡元菜摘)

Official Site

http://www.vintage-rock.com/ntg/

AUTHOR

syachirock


@Twitter

LATEST ENTRIES

ページトップへ