HOME ReportLive Report「年末調整GIG 2016」(天才バンド / never young beach / SANABAGUN. / Yogee New Waves)@DIAMOND HALL 2016/12/24

「年末調整GIG 2016」(天才バンド / never young beach / SANABAGUN. / Yogee New Waves)@DIAMOND HALL 2016/12/24

3日目のDIAMOND HALL公演は、天才バンド・never young beach・SANABAGUN.・D.A.N.・tofubeats・Yogee New Wavesが煌めくポップミュージックで魅せる聖夜に!今回ピックアップレポートするのは、柔らかくも切実な音を自在に操る天才バンド、DIY感と親しみやすいキャラクターが魅力のnever young beach、ジャジーな音を鳴らす“レペゼンゆとり”SANABAGUN.、そしてノスタルジックで都会的な雰囲気のYogee New Wavesの4組。

%e5%a4%a9%e6%89%8d%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%89

年末調整GIG3日目、舞台はDIAMOND HALL。トップバッターを務めるのは天才バンドだ。まずステージに登場したのはテシマコージ(ドラム)。圧巻のドラムソロを披露し、天才バンドのステージの口火を切った。どんどんビートアップしていくリズムの中で、マルチな才能を持つSundayカミデ(コーラス/ピアノ)はベースをプレイ。奇妙礼太郎(ヴォーカル/ギター)のうねるギターソロとの応酬に観客からは次々と拳が上がった。そんな激しい演奏とは裏腹に、MCでは奇妙が最近ハマっているという呼吸入門の話やSundayカミデが曲間に披露したアクロバティックヨガの話など、彼らのゆるっとした人間性が垣間見えるトークが飛び交った。しかし「firefly」ではゴリッといかつい音を鳴らし、MCとのギャップで観客を釘付けに。その後も奇妙による数字を数える即席ソングや、山下達郎の「クリスマス・イブ」をカバーし観客と一緒に歌うなど、会場を楽しませた。

天才バンド2

普段はしっとりと聞かせる「天王寺ガール」も、この日奇妙は喋るように歌い、Sundayカミデとの絶妙な掛け合いを見せる。奇妙の「ダンスしているかい?」の言葉に観客は自由に体を揺らし音楽を楽しんでいた。30分間彼らの音楽は心地よい爆発を繰り返し全ての曲が流れるように鳴り響き、変幻自在に音で遊びきった3人は、最後まで楽しげな様子でステージを後にした。

天才バンド 年末調整3

(文:清水萌子 写真:浅井良樹)

 

neveryoungbeach年末調整top

ゆらゆらと身体を揺らしたくなる、トロピカルな音。3組目に登場したnever young beachが奏でるのはそういう音だ。

幸せな日常を描く「なんもない日」から始まると、メンバーも観客も楽しげに身体を揺らす。「よろしく〜!」と安部勇磨(ヴォーカル/ギター)の人となりが見える挨拶から徐々にテンポを上げるように「自転車に乗って」へ続くと、松島皓(ギター)の熱いギターソロが真冬の寒さを忘れさせてくれた。「調子はどうですか、みなさん」と安部が呼びかけると、ロックンロール魂を爆発させるように「あまり行かない喫茶店で」を披露。MCでは安部が松島の坊主姿に言及したり、鈴木健人(ドラム)が名古屋への愛を語るなど、親しみやすい人柄を感じさせる場面も多かった。ネバヤンといえば、中盤に披露した「夢で逢えたら」のようなゆったりした曲のイメージが強い。しかし、終盤で見せた「明るい未来」や「お別れの歌」といったエモーショナルなギターが特徴の楽曲も彼らの持ち味だ。

neveryoungbeach年末調整02

演奏から滲み出る音楽への情熱、バンドへの愛…彼らのライブを見ると観客が思わず笑顔になるのは、それをしかと感じ取っているからだろう。南国を思わせる音に乗せて歌われる歌詞は、ハッピーなものだけではない。けれど彼らは“音楽の楽しさ”をライブを通じて伝えているから、観客はいつも「ネバヤンのライブ、楽しかったなぁ」と思えるのだろう。

neveryoungbeach年末調整03

(文:村上夏菜 写真:浅井良樹)

 

SANABAGUN.

ムーディーな照明に照らされたステージに登場したのは3組目、SANABAGUN.。8人のメンバー全員がマイクを持ち、代わるがわるに歌うスタイルが特徴だ。3曲目「人間」ではミラーボールがフロアを彩り〈布団へ帰ろうぜ〉の大コールが会場の熱気をさらに上昇させる。高岩遼(ヴォーカル)と岩間俊樹(MC)はステージを縦横無尽に動き回ったり、クリスマスだからと、お菓子をばら撒いたりサナバのステージはフリースタイルで進んでゆく。

SANABAGUN. 年末調整02

続く「まずは「墓」。」では両手を合わせて「まずは墓、まずは墓…マザファカ」のコールに会場は大爆笑だ。笑いとクールさが融合した彼ららしいパフォーマンスに、観客たちは笑顔とグルーヴに包まれる。6曲目「BED」は高岩のハスキーでセクシーな声と昭和歌謡を彷彿とさせる曲調が、懐かしさを感じさせる曲だ。多彩な音を巧みに操る彼らに、観客たちは一瞬たりとも目が離せない。最後の曲は、岩間の心の内を綴った「メジャーは危ない」。〈俺らが出来なきゃ誰も出来ない〉という歌詞に胸が熱くなる。岩間の熱い声や、「日本のヒップホップシーンも、ポップシーンもサナバが全部変えてやるよ」という思いのこもった言葉がても印象的で、曲が終わった後の大きな拍手は観客の心をしっかりと掴んだ証と言えるだろう。

SANABAGUN. 年末調整01

(文:清水萌子 写真:浅井良樹)

 

yogeenewwaves年末調整top

年末調整GIG3日目のトリを飾るのは、Yogee New Waves。角舘健悟(ヴォーカル/ギター)の柔らかい歌声が響き渡り、「Like Sixteen Candles」で始まりを告げた。〈この曲は君の曲になるんだよ〉と観客を指差し、1曲目からフロアの心を惹きつける。2曲目「Ride on Wave」が終わると、ステージがオレンジ色の照明に包まれた。メロウな雰囲気の中、クリスマスイブにぴったりな「Climax Night」へ。情感たっぷりな演奏で観客を魅了し、間奏では多幸感溢れるシンガロングが巻き起こった。

YogeeNewWaves年末調整02

和やかムードの笑いこぼれるMCの後は、心地良いサウンドにソウルフルな歌声が乗った「Megumi no Amen」、グルーヴィーなアレンジが効いた「Camp」が続く。「来年は名古屋にいっぱい遊びに来ます!大好きな味噌カツも食べれるしね。最後2曲、ダンスして帰りましょう!」と角舘が言い、「Fantastic Show」がスタート。腰を振って観客を煽る角舘と、飛び跳ねろと言わんばかりのギターリフにノせられ、フロアの熱気もどんどん上昇していく。その勢いのまま、ラストナンバー「Good Bye」に突入。〈君のファッションも君の感性も大事だよ〉と歌われるように、観客は思いのままに踊り楽しんでいる。ライヴの定番曲「Dreamin’ Boy」でアンコールに応えると、会場はこの日一番の盛り上がりを見せた。「ありがとう!また会いましょう!」とメンバーが去った後も、会場には暖かい余韻が広がっていた。

(文:町野桃子 写真:浅井良樹)

Official Site

http://www.vintage-rock.com/ntg/

AUTHOR

syachirock


@Twitter

LATEST ENTRIES

ページトップへ