HOME ReportLive Report「年末調整GIG 2016」(赤い公園 / GLIM SPANKY / a flood of circle)@NAGOYA CLUB QUATTRO 2016/12/23

「年末調整GIG 2016」(赤い公園 / GLIM SPANKY / a flood of circle)@NAGOYA CLUB QUATTRO 2016/12/23

2日目のNAGOYA CLUB QUATTRO公演は、Drop’s・yonige・赤い公園・the peggies・GLIM SPANKY・a flood of circleのロックンロール女子が大集合!今回は独自の世界観をアップデートし続ける赤い公園、伝統と革新のブルースを鳴らすGLIM SPANKY、10周年を駆け抜け新体制も定着したa flood of circleをピックアップレポートする。

161223akai_coen-26%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

折り返し地点に登場したのは赤い公園。どうしてもSEに使いたかったという「雪の華(中島美嘉)」をバックに現れ、空を見上げるふりをしたり、寒そうに肩を抱いたりして会場の笑いを誘う。サウンドチェック時に起きたベースのトラブルも佐藤千明(ヴォーカル)が替え歌にして笑いに昇華していたが、メンバーが自由にやればやるほどお客さんも楽しくなってしまう、そんな無敵さに満ちたステージだった。

赤い公園年末調整01 赤い公園年末調整02

「名古屋ー!よろしく!」と佐藤が元気良く言って「NOW ON AIR」でスタート。花びらがぶわっと舞うような華やかさでクアトロが色づいていく。前半はポップなナンバーが続いたが、それがかえって赤い公園の持つザラザラした、きれいにまとまり過ぎない魅力を際立たせた。「西東京って、大阪でいうと寝屋川、名古屋で言うと三河って聞いたんですけど」と佐藤が話した「西東京」から雰囲気は一転。「名古屋いけんのかー!!」の絶叫に加え、津野米咲(ギター)と藤本ひかり(ベース)もフロアの熱気をせりたてるように激しくプレイ。最後は空気を裂くようなヴォーカルが光る「ふやける」で静寂と轟音のコントラストを見事に描き出し、有無を言わさぬ迫力で演奏を終えた。年内これが最後のライヴだった4人は「来年もよろしく!」とステージを去っていった。次々に表情を変え、目を離せないアクトで魅了した40分。用意された時間のなかで、最大限の魅力を味わわせてくれた。

赤い公園年末調整04

(文:青木美穂 写真:古川喜隆)

 

glim-spanky年末調整top

登場しただけでクアトロの空気を変えたのはGLIM SPANKY。よく知っているはずのステージがいつもと違う場所に見えるほど、レトロな衣装に身を包んだメンバーの佇まいが画になる。松尾レミ(ヴォーカル/ギター)の花柄が大きくあしらわれたワンピースが目を引く。

GLIM年末調整04 GLIM年末調整05

「NEXT ONE」で演奏を始めると、ブルージーな音がクアトロを満たしていく。GLIM SPANKYの大きな魅力のひとつである松尾のハスキーな声は「闇に目を凝らせば」では妖しげに、「風に唄えば」では懐かしく…と響きを変え、年季の入ったギターのような深みがあった。その迫力は映画『ONE PIECE FILM GOLD』主題歌である「怒りをくれよ」で爆発。挑発的なキラーチューンにフロアからは拳が突き上がり、その様子に「(お客さんを)ノせてノせられて、またノせてっていうのはここにいることの醍醐味だと思うので。ありがとう」と話す松尾。続けて「私はずっと大人になるのが怖かったんです。でもまわりの50代、60代のスタッフが好きなものを好きって言い続けていて、いいなって。大人になることを知らないまま死んでいきたいって思います」と伝え、「大人になったら」を披露した。自分自身に問いかけるように繰り返される〈大人になったら解るのかい〉というフレーズが胸を打つ。最後は思いきりアッパーに「ワイルド・サイドを行け」で締めくくり、バンドが去っても「かっこよかった!」の声がフロアのあちこちから届いていた。

GLIM年末調整02

(文:青木美穂 写真:夏目圭一郎)

 

flood of circle年末調整top

ラストは結成10周年を転がり続けたa flood of circle。佐々木亮介(ヴォーカル/ギター)が「男だとか、女だとか。何人だとか、何語を話すとか。そんなの関係ないぜ!誰もがただ今を生きてる!」と叫んだ言葉通りに、今というこの瞬間にありったけの熱を投じたアクトで、年末調整GIG2日目を締め括ってくれた。

flood of circle年末調整02 flood of circle年末調整01

佐々木が「a flood of circleです、どうぞよろしく!行くぞ、名古屋ー!!」と声高らかに始まりを告げ、「Dancing Zombiez」でスタートを切った。オーディエンスはステージへと密集し熱気が上昇していく。その空気感がフラッドにも伝わったのだろう、佐々木の煽る声は熱を帯び、バンドサウンドも勢いが加速した。さらに「こんなもんじゃないよな?」とオーディエンスを焚きつけ、「The Beautiful Monkeys」から次々に曲を連投する。今を転がり続けるフラッドだからこそ生み出すことのできる“ライヴの醍醐味”――フロアとステージとの相互作用の中で更新されていく高揚感が、会場には充満していた。10周年のテーマカラーである“青”に繋がる「BLUE」を経て、失速することなく「ベストライド」で本編最後を迎えた。佐々木がフロアにマイクを向けると〈土砂降りの中を走ってゆけ〉と大合唱が響き渡る。アンコールは「理由なき反抗(The Rebel Age)」。演奏を終え「また来年!」と晴れやかに約束を交わし、フラッドはステージを去った。

flood of circle年末調整03

(文:笠原幸乃 写真:古川喜隆)

 

Official Site

http://www.vintage-rock.com/ntg/

AUTHOR

syachirock


@Twitter

LATEST ENTRIES

ページトップへ