HOME ReportLive Reportthe unknown forecast「23:59:59(レイジマエ)」@Electric Lady Land 2016/12/03

the unknown forecast「23:59:59(レイジマエ)」@Electric Lady Land 2016/12/03

決意に満ちたアクトで体現、仲間たちと共に作り上げた新たな“始まり”

theunknownforecastレイジマエ_5

the unknown forecastが新体制発表後初となる自主企画「23:59:59(レイジマエ)」を名古屋Electric Lady Landにて開催した。対バンにはLUCCI、WOMCADOLE、Age Factory、Qaijff、ミソッカス、LAMP IN TERRENを招き、the unknown forecastの面々が率直に「かっこいい!」「やばい!」と太鼓判を押すアーティストが顔を揃えた。

LUCCIレイジマエ_1 LUCCIレイジマエ_2

1番手を務めるのは名古屋のソウルメイトLUCCI。陽気なSEとともに元気良くステージに飛び出すと、「Q&A」「愛は真心、恋は下心」を勢い良くドロップした。この日に先立って、the unknown forecastの幡野友暉(ヴォーカル/ギター)がTwitterにUPした各バンドのカバー映像について触れ、「アイツが歌うと、なんでもアイツの歌になっちゃうんだよなー」と笑いながらも、これが本家だと見せつけんばかりに「ミサンガ」を力一杯歌い上げた。「ボーイフレンド」などのライヴアンセムも披露し、トップバッターという役目をパワフルなアクトで務め上げた。

WOMCADOLEレイジマエ_1 WOMCADOLEレイジマエ_2

兄貴分のthe unknown forecastをしばきに来たというWOMCADOLEは、フロアを睨みつけるかのように挑発的な態度でライヴを進めていく。全力でぶつけるから、全力でかかってこいという意思表示だ。「1人じゃどうしようもないことも一緒に想いを鳴らして、でっかい壁も一緒にぶち壊そうぜ」と口を開いた樋口侑希(ヴォーカル/ギター)。「俺たちが壁をぶち壊すためのハンマーに、敵に立ち向かうためのピストルに、刀になってやるよ!だから戦おう!自分に負けんじゃねえ!」と熱い思いに声を震わせ「アルク」を熱唱した。

AgeFactoryレイジマエ_8 AgeFactoryレイジマエ_6

Age Factory清水エイスケ(ヴォーカル/ギター)がアルペジオを奏でると、浮遊感の漂う不思議な空間が出現した。囁くように始まった「真空から」、四つ打ちのビートが鳴り響き狂気じみた歌声が轟く「金木犀」など、曲ごとに様々な表情の音楽が顔を覗かせる。例により幡野がカバーした「さらば街よ」については、「幡野の癖がすごく良い感じに出ててよかった」と穏やかな表情で語った。

Qaijffレイジマエ_3 Qaijffレイジマエ_1

大いに話題となっている幡野のカバーについて、カバー返しを仕掛けたのはQaijff。森彩乃(ヴォーカル/ピアノ)が〈男らしさってやつは…〉とthe unknown forecastの「E」をしっとりと歌い上げる粋な演出からライヴがスタートした。個々の高い技術力に思わず溜息が出てしまいそうなQaijffだが、MCでは笑いが絶えない。森が「幡野は出会ったばかりの頃、陰で『Qaijffの森さん、怖いっす』って言ってたらしいんだけど、それがこうして企画に読んでもらえる仲になれたと思うとすごくうれしいです!」と話すと(幡野は「言ってないって!」と必死に否定)、会場は笑い声に包まれた。

ミソッカス_レイジマエ_8 ミソッカス_レイジマエ_3

「E.L.Lを揺らしに来たぞー!」「ここをダンスフロアにしようぜ!」と威勢良く言い放つのはミソッカスのデストロイはるきち(ヴォーカル/ギター)。パラパラみたいに踊りながら演奏するマイケルTHEドリームを筆頭に、自由奔放かつエネルギッシュなライヴパフォーマンスで会場の熱を高めていく。アップナンバーを連投した後は、「アンノウンは昔から幡野のパーソナルな気持ちを素直に伝えてるところが良い。俺はそういうことするのがちょっと苦手だったんだけど、(結成から)5年経ってやっと自分の気持ちを歌えるようになったんで」とトドメの1曲「i wanna be a ハンサム」を演奏。素直な願望のままの〈i wanna be a ハンサム〉コールがE.L.Lに轟いた。

LAMPINTERRENレイジマエ_1 LAMPINTERRENレイジマエ_6

トリ前を務めるのはLAMP IN TERREN。「林檎の理」では、〈wow〉と歌う部分を「今の歌える?一緒に歌って!」と投げかけ、シンガロングが生まれた。一層柔らかな表情を浮かべるメンバーの元、会場の一体感は高まっていく。「アンノウンとはもう4、5年の付き合いで、普段は1ファンとして聴いてます。だから企画に誘われてるって聞いて即答で出るって決めました」と、記憶を辿りながらうれしそう話す松本大(ヴォーカル/ギター)。「アンノウンの作った1日が、いいものになれば」と思いを込め最新曲「heartbeat」を歌い上げると、彼らの歌に導かれるようたくさんの手が伸びた。

theunknownforecastレイジマエ_1

6アーティストの好演、熱演によって十二分にあたたまったElectric Lady Land。幡野が深く息を吸い込み、「はたち」からthe unknown forecastのステージが満を持してスタートした。LUCCIが言っていた「幡野が歌うと幡野の曲になる」というのもそうだが、一度歌い出せばその場の空気を一瞬で自分のものにしてしまう圧倒的な存在感が、彼にはある。続く「E」ではテンションMAXの岡村耕介(ギター)が奏でるフレーズが、楽曲をドラマチックに彩っていく。幡野が「一つになろうぜ名古屋ー!」と叫びサビへ飛び込めば、無数の手のひらがステージへと伸びた。

「改めて、レイジマエへようこそ」と口を開いた幡野。このタイトルに込めた2つの意味を、「今日が明日に変わる瞬間である“0時”」と「怒りや憤り、つまりは爆発を意味する“Rage”」だと説明し、「今日を始まりの場所にしたくてこの名前を付けました」と語った。the unknown forecastは今年8月に結成メンバーだったドラマーが脱退した。そのことで一時は解散も考えたと胸のうちを明かした幡野だが、悩み抜いて出した答えは進み続けること。元メンバーや応援してくれるファンのためにも、こんなところで止まるわけにはいかない。その決意表明のために、今日という日を作ったのだ。

theunknownforecastレイジマエ_3 theunknownforecastレイジマエ_2

絶望の歌から希望の歌になったという「雑草」、この日のために温めていたとっておきの新曲「レイジマエ」を披露し、言葉では表現しきれない思いの丈を音楽でぶつけていく4人。その思いに応えるよう「命の屍」では、幾つもの固い拳が突き上げられた。「必死に歌っても、届かない人がいるのは分かってる。でも、こうしてここに来てくれる人がいる。アンノウンはいつまでもあなたの味方です」と目の前のオーディエンスに対し、その存在が力となっていることを語り、ラストナンバー「I am music」へ。時折語りかけるように歌いながら、〈I am music for 〜〉と共演者の名前を呼び、「そして今ここにいるみんな!」と声を張り上げ、思いの溢れるステージは大団円を迎えた。

決意に満ちたライヴを目の当たりにし、彼らの思いの強さに触れられた気がした。だから、アンコールとして演奏した「さなぎの唄」の歌詞のように、悲しみや不安を乗り越えてどこまでも強く羽ばたいていく彼らの姿を想像している。この日発表された、2月の新譜リリースと、リリースツアーファイナルワンマンライヴ。彼らが一歩一歩進んでいく先の景色を楽しみにしている。

theunknownforecastレイジマエ_4

(文:岡部瑞希 写真:Chikako Asai[LUCCI] / 安藤みゆ[WOMCADOLE・Age Factory] / 齋藤佑樹[Qaijff] / 古川喜隆[ミソッカス・LAMP IN TERREN] / →SATOMIN←[the unknown forecast])

セットリスト

【LUCCI】
1. Q&A
2. 愛は真心、恋は下心
3. ミサンガ
4. 夏の終わり
5. ボーイフレンド
6. FROG

【WOMCADOLE】
1. ドア
2. 夜明け前に
3. おもちゃの兵隊
4. ワンダー
5. アルク
6. 綺麗な空はある日突然に

【Age Factory】
1. 真空から
2. yellow
3. 金木犀
4. puke
5. さらば街よ
6. My end

【Qaijff】
1. Wonderful Life
2. 未完成ワールド
3. snow traveler
4. Don’t Stop The Music
5. organism
6. good morning

【ミソッカス】
1. パパパ
2. アメリカと中国と静岡
3. ム○ンライト伝説
4. マッドシュリンプス
5. ゴーストシップラブストーリー
6. i wanna be a ハンサム
7. 切り札はハートのエース

【LAMP IN TERREN】
1. キャラバン
2. 林檎の理
3. innocence
4. 緑閃光
5. pellucid
6. heartbeat

【the unknown forecast】
1. はたち
2. E
3. 携帯電話
4. 雑草
5. レイジマエ
6. 命の屍
7. I an music
EN. さなぎの唄

Official Site

http://theunknownforecast.jimdo.com/

ページトップへ