HOME ReportLive Report「YON FES 2016」@モリコロパーク -PART03- 2016/04/03

「YON FES 2016」@モリコロパーク -PART03- 2016/04/03

左上から“センチメンタル研究家”ハジメファンタジーの恋愛相談ブース。ライブペイントで躍動感溢れるライオンを完成させたのは池田嵩浩だ。そして、帰路を歩く大勢の人々の横をギターとスピーカー片手に弾き語りをしていた“桑名はらだ歯科クリニック”の先生。

yonfes_2

THREE LIGHTS DOWN KINGS 【SKY STAGE】


three_lights_down_kings_photo_byyaotakeshi

YON FES2日目、初っ端のステージにはTHREE LIGHTS DOWN KINGSが登場。彼らが音を鳴らすと、入場ゲートからは流れるように人が集まってきた。「フォーリミが作ってくれたこの瞬間、俺たちが繋いでいくんだぞ!」とGlielmo Ko-ichi(ヴォーカル)は放つ。「夢をかなえていくフォーリミの姿、刺激をくれるフォーリミに最大のリスペクトを送ります。」という、名古屋の地でともに闘ってきた彼ららしい言葉にあちこちから拳が上がった。最後の「グロリアスデイズ」では大きなシンガロングを生み出した、圧巻のステージだった。

(文:清水萌子 写真:ヤオタケシ)

 

LUCCI 【LAND STAGE】


lucci_photo_by_aokikazuro

 LAND STAGE、一発目。名古屋の4人組ロックバンドLUCCI。いつも通り円陣を組み1曲目「Q&A」が始まる。三浦弦太(ヴォーカル/ギター)の「今日一番キマってるギターだ!」という言葉に、仲西新(ギター/コーラス)のギターソロも炸裂した。「ずっと見てくれていたフォーリミありがとう。後輩としてじゃなく1バンドとして呼んでくれたと思っています」と同じ名古屋で活動するバンドとしてのリスペクトを送る。終始彼らの顔には笑顔が溢れ、観客を見渡していた。LUCCIにとってもゆかりの地であるというモリコロパークでのLAND STAGE、トップバッター。堂々たるアクトだった。

(文:清水萌子 写真:青木カズロー)

 

キュウソネコカミ 【SKY STAGE】


キュウソネコカミ

LAND STAGE2組目、キュウソネコカミが登場。リハーサルを3曲もやってしまうというサービス精神満載の彼らだ。本番ではなんだかボードを持ち出し(”盆踊りの輪のやり方”)、沢山のサークルを生み出したり、猫好きで知られるフォーリミGENをステージに呼び、自身の曲「NEKOSAMA」で<あやかろう 猫様にあやかろう>の大コールを生んだり、人の上を4歩歩いたりとハチャメチャに楽しい。最初から最後まであの勢いは止まることなく、さすがキュウソと言わんばかりのステージだった。

(文:清水萌子 写真:Viola Kam (V’z Twinkle Photography))

  

ENTH 【LAND STAGE】


ENTH

YON FESのグッズタオルを掲げ、勇ましく登場した3人。「Let it die(t)~まこっつ走れ~」では、フォーリミのRYU-TAがサプライズ的に登場!彼は、男らしいハスキーボイスでENTHに混じり<走れ走れ!>と歌ってフィールドを沸かせた。daipon(ヴォーカル/ベース)の叫ぶ「ヨンフェス会いに来たぞ!」が、<君の世界に会いに行くよ>という歌詞とリンクした「ムーンレイカー」。そして「Bong! Cafe’ au lait! Acoustic guitar!」が激しく投下されると、観客は総動員で轟音に乗っかった。MCでは、daiponがYON FESのステージに呼んでくれたフォーリミに何度も感謝をし、「04 Limited sazabys、諦めずこんな舞台作ってくれてありがとう!一生分の夢見させてもらう!」と感情的に話す。ENTHはフォーリミに対し “先輩を誇りに思う”と二度も口にした。名古屋の後輩バンドとして、フォーリミに愛あるリスペクトと、名古屋のメロデックパンクの道を繋いでいく決意を込めたステージだった。

(文:山田あかり 写真:Yukihide JON… Takimoto)

 

BLUE ENCOUNT 【SKY STAGE】


BLUE ENCOUNT

「NEVER ENDING STORY」から<We just one, stay with me>と、観客から大合唱が起きて迎えられたブルエン。1曲目、「DAY×DAY」がアグレッシヴに駆け抜け、“感謝”が詰まった2曲目「THANKS」を披露。MCでは田邊駿一(ヴォーカル/ギター)が今日出演できたことを「いつもいじられているから仲間だと思われていて嬉しい!」と、笑いを誘う。そしてGENがステージに呼ばれると「ブルエンの時間はご飯を食べようと思っていた」と田邊をいじる。GENは「LIVER」で、タオルを振り回しながらステージを走り周った。田邊は「フォーリミと出会った頃は全然客がいなくて。ここに出演者として来ていることは、3年前ではありえなかったことなんだよ。ありえないと思ってても絶対できる」と話す。彼らが10月に立つ夢の舞台、武道館について触れるとフォーリミに「ぜってー負けねー!」と宣戦布告した。最後に「もっと光を」のサビをゆっくり歌い始めると「おまえらも大切な奴大切にしろよ!」とリスナーに問いかける。希望に満ちたその曲がフロアを圧巻し、観客は<もっと光を君に届けたくなったよ>と全力でシンガロングした。

(文:山田あかり 写真:ヤオタケシ)

Official Site

http://yonfes.nagoya/

ページトップへ