HOME ReportLive Report「YON FES 2016」@モリコロパーク -PART01- 2016/04/02

「YON FES 2016」@モリコロパーク -PART01- 2016/04/02

04 Limited sazabysが多くの仲間とともに作り上げた“名古屋のYON FES”。

名古屋の音楽シーンに金字塔を打ち立てた2日間を辿る。

 2016年4月2日、3日に04 Limited sazabys主催のYON FES 2016が開催された。今までフォーリミは、“地元の音楽シーンを盛り上げたい”と旗を掲げ、全国各地で名古屋の看板を背負って活動してきた。YON FESはその集大成であり、彼らの勢いからすると名古屋の音楽シーンを作る序章に過ぎないのかもしれない。この2日間に集った仲間は総勢20組。どのアーティストもフォーリミが自ら選んだ仲間たちだ。デビュー前から親交の深い名古屋バンド、スペシャ列伝ツアーを一緒に周った仲間、尊敬する先輩など、縁とゆかりのあるメンツが揃った。仲間からフォーリミへの愛がこもったステージをしゃちほこロックでは一組ずつクローズアップする。

 (写真:ヤオタケシ)

 

BACK LIFT 【SKY STAGE】


BACK LIFT

 SKY STAGE、1組目はBACK LIFT。「俺たちの愛するフォーリミが作ったYONFES!」と小林‘KICHIKU’辰也(ヴォーカル/ベース)が叫び、鳴らされたのは「Always」。助走ナシ、最高のロケットスタートを決めた。穏やかなピクニック気分の会場が、一気にロックキッズ達の空間となる。「with you all the time」では、絞り出すように歌う小林の姿に、見ているこちらがぐっとくる瞬間もあった。地元名古屋で凌ぎを削りあってきたバックリとフォーリミ。初開催初日の1組目という重要任務を任せてくれたフォーリミへの感謝と愛と少しの嫉妬と、全てが詰まったステージだった。

  (文:小野夏実 写真:ヤオタケシ)

 

SpecialThanks 【LAND STAGE】


 

SpecialThanks

 LAND STAGE、1組目を飾ったのはSpecialThanks。「みんな急いでー!」とMisaki(ヴォーカル/ギター)の声が、SKY STAGEまで届くように突き抜けていく。軽快なドラミングがらスタートしたのは「I Don’t Know」。Misakiは真っ白なセットアップに身を包み、右へ左へと走り回って、春らしく彩りを振りまいた。この日のステージとほぼ同時刻に新アーティスト写真の公開をもって、改めてChikai(ギター/コーラス)、yoshi(ドラム/コーラス)の加入が発表されたばかりのスペサン。初開催のYONFES、LAND STAGE一発目、自らも新たな門出を向かえ、充実したパフォーマンスを見せてくれた。

 (文:小野夏実 写真:Yukihide JON… Takimoto)

 

THE ORAL CIGARETTES 【SKY STAGE】



 THEORALCIGARETTES

リハーサル中から「フォーリミ大好きー!」と笑顔を見せていた山中拓也(ヴォーカル/ギター)。1曲目、彼らの大アンセム「起死回生STORY」で一気に会場の熱を高めた。“モリコロ”など、この日にちなんだコール&レスポンスの後にドロップされたのは「A-E-U-I」。フィールド中が歌い、楽しいグルーヴを生んだ。フロアに大きな渦を起こした「STARGET」を経て、山中はフォーリミと豊橋で出会ったこと、列伝ツアーを周ったことなどを振り返る。「フォーリミの歴史、愛が詰まったフェスだからこそ毎年呼んでほしい。俺らも愛を持って返したいと思います」と決意を込めて話し、クールかつ熱を帯びた新曲「DIP-BAP」を披露。山中はフォーリミへ「あなたたちが起こしたムーブメントです。責任を持って全員の息が止まるまで続けてください」と言い「こいつら絶対裏切りませんから!」とオーディエンスのことを強く指す。ラストは最強キラーチューン「狂乱Hey Kids!!」が大熱狂を生み出した。夢叶う前のフォーリミと一緒に過ごしていたオーラルだからこその、愛情たっぷりのステージだった。

(文:山田あかり 写真:Viola Kam (V’z Twinkle Photography))

 

Winners 【LAND STAGE】


Wienners

賑やかなSEと共に、手拍子をしながら現れたWinners。玉屋2060%(ヴォーカル/ギター)の人懐っこい歌声が弾け、アサミサエ(ヴォーカル/キーボード/サンプラー)の華やかな音が鳴る。彼らのポップなステージが、次第に吹いてきた涼風と交わったの
は「水色と黄色」だ。明るい音楽に影響されたかのように午前中の曇天を裂いて日が差し、心地よい空間が生まれた。そして、玉屋2060%が「あなたたちがフォーリミの友達なら、あなたは俺たちの友達と思っていいでしょうか!」と問いかけ、オーディエンスとの距離をグッと縮めた。4曲目、「VIDEO GIRL」ではキュートなアサミサエの歌声と近未来的なサウンドが交わって、ヨンフェスをWinners色に染め上げる。最後に、爽快に駆け抜けるシンセの音がふんだんに含まれた1曲「蒼天ディライト」で軽快なハンドクラップを起こす。芝生で一面緑の地面はダンスフロアへ進化し、後ろの方まで手が上がる。思い思いに跳ねるオーディエンスは、音楽を心から楽しむ多幸感に包まれていた。

 

(文:山田あかり 写真:青木カズロー)

SPECIAL OTHERS 【SKY STAGE】


SPECIALOTHERS

SKY STAGE、3組目はSPECIAL OTHERS。フォーリミの、”モリコロパークのロケーションでスペアザを聴きたい”という願いに応えてか、雲の隙間から青空が覗き、最高に贅沢でハッピーな時間となった。一曲目は代名詞とも言える「Aim」。ウッドベース、ギター、ドラム、キーボード、それぞれの音色が点から線、線から面へと折り重なる。「I’ll be back」では、声も楽器の一つとして音階を奏で、老若男女みんなの体を揺らした。「こんなオジさん達がいい音楽やっているんです」と、芹澤(キーボード)はふざけるが、その掛け合いにも心地よいグルーヴを感じた。桜満開、森と風とSPECIAL OTHERS。きっとフォーリミが願った通りの光景が広がっていたはずだ。

 

  (文:小野夏実 写真:ヤオタケシ)

 

HAPPY LAND STAGE】


 

HAPPY

 

彼らの1音目が鳴り響いた瞬間、ああ、ハッピーだと思った。けして快晴とは言えないが、心地よい気温とさらりと吹く風、シンセサイザーの音が軽快に跳ねとても気持ちがいい。3曲目「R.A.D.I.O.」では、大きなシンガロングを巻き起こし、続く「Lucy」でメンバーを含む多くの観客が自由に体を揺らす。計3台ものキーボードを駆使し、多様な音で彩られた最後の曲。どこまでも広がっていくような壮大なイメージが、最高にこのロケーションがハマっていた。フォーリミとともに列伝ツアーを回った全バンドが集合したこの日、彼らのパフォーマンスはこのフェスに対する愛と笑顔が大きく溢れるステージだった。

 

 (文:清水萌子 写真:Yukihide JON… Takimoto)

 

Official Site

http://yonfes.nagoya/

ページトップへ